スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新芸能ピックアップ(11/30)

 週末の芸能ニュースから気になる記事を取り上げます。

山路ふみこ映画賞
 女優の小泉今日子(42)と綾瀬はるか(23)が28日、東京・新橋のヤクルトホールで行われた「第32回山路ふみ子映画賞」の贈呈式に出席した。1930年から48年に活躍した女優、故山路ふみ子さんが設立した賞で小泉が女優賞、綾瀬は新人女優賞を受賞。主演作「グーグーだって猫である」「トウキョウソナタ」が話題を呼んだ小泉は「(役者は)いい作品、いい監督と出会えないとここまでたどりつきません。監督やスタッフ、共演者の代表としていただきます」とあいさつ。一方の綾瀬は「僕の彼女はサイボーグ」「ICHI」「ハッピーフライト」と3作で全く異なる役柄を演じ評価された。あいさつ中、スタンドマイクの穴に衣装のコサージュが落下し、“ホールインワン”するハプニング。笑いが止まらぬ綾瀬に、会場から温かい拍手が送られた。

 http://www.sanspo.com/geino/news/081129/gnj0811290503008-n1.htm


Tsanのコメント
 他の部門では「ぐるりのこと」の橋口亮輔監督が映画賞、「実録連合赤軍・浅間山荘への道程」の岩松孝二監督が文化賞を受賞しました。
 小泉さんは先日の報知映画賞に続いて2冠を達成しました。一方の綾瀬さん。コサージュが落下するというハプニングに笑いが止まらなかったそうですが、授賞式でもいつものほんわかぶりで会場を盛り上げていたようですね。今年はそれぞれにキャラクターの違う4作に出演されてたんですよね。
 舞台挨拶などのお話を聴くにそれぞれの役作りも然ることながら、殺陣とアクションの練習がおそらく最も大変だったんじゃないかと思いますが、それが評価されての今回の受賞に繋がったんでしょうね。来年も1作品の公開が決まってますが早くも楽しみです。

 さて、ワィド世論調査「あなたが注目する綾瀬はるか出演映画は?」という投票企画をやってますが12月30日(火)まで募集します。出演4作すべてが公開されたんで、この先は「観にいって良かった作品」を4作の中から1つ選ぶというのでも構いません。
 結果は大晦日に発表したいと思います。皆さんの一票をお願いします。



グラドル・鎌田奈津美が厳戒タイで足止め
 グラビアアイドルの鎌田奈津美(20)が、撮影の仕事で滞在中のタイ・バンコクで反政府団体の空港占拠により足止めされていたことが29日、分かった。30日夜出発便のチケットを何とか確保するまでの“緊迫生リポート”を自身のブログで伝えている。
 鎌田は20日にタイ入り、パタヤビーチなど各地で撮影を終え、27日夜の便で帰国予定だった。だが、反政府市民団体のデモ隊が25日からバンコク国際空港を占拠。すべての出発便の運航が停止し、29日時点で日本人約1万人を含め10万人近い外国人が足止めに。
 鎌田は27日夜に帰国便が欠航になったと記しつつ、元気そうに食事する写真をアップ。しかし、28日夜は一転うつむいた写真で「あたしタイから帰れないかも…」「年内にも帰れないという噂も」とションボリ。29日昼には「めっちゃ焦ってる」「帰りたいー」とも綴った。

http://www.sanspo.com/geino/news/081130/gnj0811300501010-n1.htm
 

Tsanのコメント
 タイやサイパンってグラビア撮影の定番ロケ地なだけに、もしやと思っていたら巻き添えを食らった人が居たんですね。
 29日(土)に閉鎖されている新バンコク国際空港に代わり、東部の海軍ウタパオ基地が空港として開放され、日本航空と全日空、タイ航空が臨時便を運航しました。鎌田さんも30日出発便のチケットが取れたことをブログで報告。3日ぶりに帰国の途に就いたということです。
 ニュースによると臨時便での出国は長く滞在されてた人から手続きが行われているとのことなので混乱はしばらく続きそうです。
スポンサーサイト

宮根誠司(45)が再婚していた・・・ブログで報告

 フリーアナウンサー、宮根誠司(45)が29日、自身の公式ブログ「宮根のブログ屋」で結婚を報告した。お相手は37歳の一般の女性。書き込みで宮根は「近親者、大変お世話になった方の不幸が相次ぎまして、ご報告を控えさせて頂いておりました」と明かし、所属事務所社長の一周忌を終えたことで発表に至ったことを説明。「今後、さらなるより良い番組作りに心がけ、皆様に応援して頂ける司会者になれる様、精進して参ります」と決意を語った。

http://www.sanspo.com/geino/news/081129/gnb0811291158001-n1.htm


Tsanのコメント
 ようやく発表できる状況になったんでしょうね。
 「ミヤネ屋」が全国ネットになって1年、日本テレビでも放送されるようになって半年経ちました。ネット開始当初は街で知名度を聞いてみても、「知らない」とか知っていても「“宮根屋”さんでしょ?」とか「落語家さんでしょ?」などいろいろと間違えられることが多々あったようですが、やっと全国的に認知されつつあるようです。
 仕事も好調。さらに嫁さんもできてといまノリに乗っている司会者、宮根さんの前途は明るい!と思います。
 ご結婚おめでとうございます。



《今日の余談》
 今日は地下鉄の一日乗車券で買物に出かけました。

 DSCF9115.jpg
 ただのキーホルダーじゃありません。金属にかざすと静電気を除去してくれるんです。
 放電するときの「パチっ」ってショックがイヤなんですよね。冬になると空気が乾燥して静電気が起きやすくなるんで、これで自衛したいと思います。

 次は地下鉄南北線で、北の終点へ。

麻生駅(札幌・北区)
 DSCF9113.jpg
 “あそう”ではありません。あさぶです。昔の人で「あざぶ」と濁して発音することもあります。

DSCF9112.jpg
 asou.jpg
 この方の迷走ぶりに“終点”はあるんでしょうか?

 さてこんな画像を撮るために、わざわざ終点まで乗ったわけではありません。(※麻生氏が総理をやってる間に一度行きたいという気はあったが)

一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える


 旭川のS氏からこの本を薦められました。本屋で買っても良いんですが、少しでも安くということで古本屋で探したんですね。麻生の古本屋にあったんですが、もう一軒アテがあったんでまず保留。

 地下鉄で次に向かったのが、南の終点「真駒内」駅。南北線の端から端まで約30分乗り通しました。
 一日乗車券だからこんな贅沢なことできるんです。

 真駒内駅からバスに乗り換え、南区・川沿の古本屋へ。ちなみに私の買った一日乗車券ではバスに乗れないので別料金です。(※「共通1DAYカード」というのを買えばバスも乗り放題)

 アテにしていた川沿の古本屋だったんですが、ここには本がありませんでした。
 腹を決めて再び30分かけて麻生の古本屋に戻りました。余談ですが、最近先生に就職について「腹をくくれ」とよく云われます。腹をくくるということ自体は解るんですが、具体的にどうアクションしていけばいいのかがいま一つです。

 麻生の古本屋でお買い上げ。定価の半値以下で買えました。まだ読んでません。
 来週の末、S氏に会うため旭川に行く予定なんでその途中にでも読みたいと思います。
 

酒井若菜情報

 「msnクローズアップ」の「CRゴースト ニューヨークの幻」サイトにスペシャルインタビューが公開されています。インタビューは映画「ゴースト ニューヨークの幻」の感想や若菜さんの恋愛観、近況など3本立てです。

msnクローズアップ
※コンテンツ閲覧には「Microsoft Sliverlight」(無料)のインストールが必要です



 金曜プレステージ「悲恋探偵 下澤 唯」(フジテレビ系)に出演されるそうです。前々から「ドラマ撮影中」と告知していたのはこの作品のようです。

きょうの出来事(11/27)

11月もあと4日で終わりですか。それが終わると一月で今年ともお別れ。
何かもう少し11月が続いて欲しいような気がしてます。

午前中は高校に行ってきました。同窓会の記念誌に載せる原稿を届けに行ったからです。
こないだの東京出張の報告から書き始め、色々付け足してくうちにいつの間にか1000字近くまで
書いてました。

高校から街まで近くの自動車学校のバスに乗ったんですよ。なにせタダだから。
本来は教習生のためにあって、満員になって乗れない人が出れば譲ろうと思ってたんですが、
乗客は私だけ。しかも運転手さんがいろいろ聞いてくるんですわ。
「教習はどこまで行ったの?」とか「マニュアル?オートマ?」とか。
一応そこの自動車学校の“卒業生”ではあるんですが、在校生のフリしてました(笑)
ちなみに在校時代、教習入れてない日に乗ったりもしましたね。



北斗星「一路南へ」 ミャンマーへ売却
 けさの北海道新聞にこの記事が載ってました。記事
 北斗星には夏の旅行で2回ほどお世話になってます。今年は往復飛行機でしたが。
 今年3月のダイヤ改正から一往復削減され、使われる客車もJR北海道とJR東日本の車両を半々組み合わせた編成に変わりました。今回売却されるのは減便で余剰になった編成。半年間も、北斗星が乗り入れない釧路に置いてあったというのは初耳です。



《今日の余談》
 前に予約していた来年の綾瀬さんのカレンダーが入荷したので取りに行ってきました。

 DSCF9109.jpg
 今年に続いて卓上版。書店で壁掛けのほうも見たんですが表情が違うんです。

 DSCF9111.jpg
 最終ページには「ICHI」の広告が入ってました。

 北海道だけですが土曜日のお昼に「はねるのトびら」の再放送があります。
 「僕サイ」のプロモーションで出演されたときのが流れるようです。

 ※サーセン。土曜日ではなく日曜日の放送でした。(11/29追記)

不定期シリーズ「わたしの本棚」③

 季節が変わるごとに1冊のペースでご紹介している不定期コーナー。
 今回は本の紹介ではあるんですが、“ある事”について考えてみたいと思います。

 ハッピーフライト オフィシャルガイド (日経BPムック)


 ガイドブックを取り上げるのはこのシリーズで初めてです。予め書いておきますが、ネタバレ要素が多数含まれているのでこれから映画を観に行こうと思ってる人にはオススメできません。見終わった後に、映画では足りなかった部分や「こんな場面があったけど実際の現場ではこんなんです」という補足のためにあるような本です。そんなわけでここではネタバレしそうな部分はなるべく避けてご紹介したいと思います。

 この作品のテーマとなった航空業界、あるいは自衛隊やテレビ局、警察などの現場をリアルに再現したという映画がありますが、公開後に「あんな場面が実際にあるわけない」とか「大げさなのでは?」という“映画的な演出”についての批評を目にします。皆さんはどう思いますかね?
 私は「リアルに作っているとは言っても、そこは映画なんだから...」とある程度目を瞑れるほうなんですが、別な方向からこのことを捉えていらっしゃる方がいました。

 作品の中で威圧感ばりばりの機長を演じられた時任三郎さんです。
 インタビューの「リアルに作られていますが、映画的なウソを入れた部分はありますか?」という質問について

映画には必要なことだと思うんですよ。全てを忠実に作るのであれば
ドキュメンタリーになってしまいますから。
 

 思わず納得してしまいました。何もかも忠実に作るなら、わざわざ演技が巧い役者をキャスティングしなくても現場の第一線で活躍している方々にカメラを向ければいいじゃないかと。コメディーにするにも感動作にするにもこうした演出って必要だと思うんですよね。それが無ければただただ「すごいなぁ」で終わってしまい、観客は笑うことも涙することもできないじゃないかと。
 後半では「映画で出てきたあのシーン、ホントにあるの?」とか、仕事の舞台裏について現役の機長さん、CAさん、グランドスタッフさんetc...がQ&A形式でご丁寧に答えてくれています。読んでみると一問一答が面白くてページが次々と進みました。
 作品では笑いを取るような映画的演出も盛り込まれていますが、関連本では演出について抜かりないフォローも忘れていません。
 ぜひ映画を観た後で読んでみてください。
  

東京出張完結編

  新宿から山手線と三田線を乗り継いで三田へ。浅草線じゃなくて三田線なのは大きな荷物を取りに行くのに近いからです。

 三田線ホームから浅草線ホームに移動し、羽田空港行きの快特電車に乗ります。
 15:15前に羽田空港に到着。改札に近い側と思って先頭車に載ったんですが、2~3両目辺りのほうがエスカレーターに近かったという...。ちょっとしたフェイントですね。
 
 チェックインを早々と済ませ、おみやげ購入。最近、JR札幌駅にあったANAのチェックイン機が撤去されました。「Skip」サービスを始めてから利用が減ったんだそうです。
 休日だからなのかGW並みに人が多かったです。おみやげもモノによっては長い列が出来てました。いつも思うんですが、お菓子の「ひよこ」を羽田で見た試しがありません。売ってるんでしょうか?ひよこって福岡にもあって一時、話題になりましたね。

 おみやげも買って、荷物も預けに出したんで保安検査場をくぐって出発ロビーへ。
 新千歳空港には「ハッピーフライト」のパネルがあったんですが、ここにはありませんでした。新千歳よりも広いんで、別なところにあったのかもしれませんが...。行きはエア・ドゥ、帰りはANA便です。

 札幌行きの搭乗口に近づくに連れ、アレっ?というものが見えてきました。それは...

ポケモンジェット!(以下PJ) 

JA8956.jpg
※wikiより拝借


 私が乗ったANA71便がコレでした。何だか嫌なフラグが。
 珍しい機体とか編成によく当たるんですよね。全面ラッピングとか試作車とか。前は名古屋帰りにこんなん乗ったし。
 搭乗まで時間があったんで71便と反対の搭乗口に回ると、入口に「ハッピーフライト」のステッカーが貼られた機体が止まってました。ロケに使われた国際線のじゃなくて国内線の機体だと思います。カメラには収まらない角度だったんで撮りませんでしたが。
 
 搭乗準備が終わったんで機内へ。ピカチュウの機体に子供ワクワク、私は...。
 機内での画像は無いんですが、サービスドリンクの紙コップやシートの枕カバー、更にCAさんのエプロンにまでポケモンのイラストが入ってます。
 71便は定刻で離陸して大空へ。気流が不安定でベルト着用がなかなか解除されません。離陸してから30分くらいしたところで解除。映画を観た後ということで、興味津々にいろんなところへ目がいっちゃうんですよね。例えばCAさんのスカーフの巻き方。これは特に決まってないという話は聞いてたんですが、悦子みたいに(正面から見て)右側に巻いてる方を探してみると意外といらっしゃらないんです。前で結んでる方のほうが多かったかな。スカイビジョンの上映が始まったのもこの辺り。

 PJということで上映内容が非常に心配だったんですが、機内でしか見られない映画のサイドストーリー2本とも観れました!!これでフラグが立たずに済んだ。
 観れなかったらANA便にした意味ないですからね。どんな内容だったかはナイショということで。

 71便は遅れることもなく定刻で新千歳空港に着陸。私はサイドストーリーが観れたし、子供たちはCAさんからPJ限定グッズをもらい満足といった感じでした。

 そんなこんなで短かった(決して長かったとは思わない)東京出張も無事に終えることが出来ました。レポもこれにて完結です。読んでくださった皆さん、ありがとうございます。

 

東京出張その3

お待たせしました。東京レポの第3弾です。
またまた長文ですがよろしくどうぞ。

錦糸町から一旦、蔵前のホテルに戻って大きな荷物を取りに行きチェックアウト。

帰りも経由する三田駅のロッカーに大きな荷物を預けました。三田駅はJR(田町駅)、都営三田線、都営浅草線が接している便利な駅なんですが、三田線と浅草線が離れてるんですよね。乗換に5分くらいかかるでしょうか?大きな荷物を浅草線側のロッカーに預ければよかったのに何故か三田線側にしてしまったんですね。きっと神保町のことが頭にあったせいでしょう。帰りは大きな荷物を抱えながら汗だくで連絡通路を走りました。

次は神保町と行きたいところですが、東京駅へ。
以前にまなさんから「めざましマガジン」のスクラップを送ってもらったんですが、折角東京に行くからには“原版”を貰いに行こうじゃないかと。東京駅界隈だと丸ビルの飲食店と駅構内のフジテレビショップにあるそうでまずは丸ビルのほうへ。
 丸ビルって最近新しくなったと聞いてたんで、新丸ビルに入ったんですよ。しかし置いてある店がどこにもない。案内に聞いてみると、新丸ビルと丸ビルは別々なんですね。これで20分ロスしてます。
 丸ビルに行ってその飲食店に行ってみると、今月分はすでに無くなったと云われました。まぁ、先月末に出たから仕方ないか。ダメ元でフジテレビショップへ。

 ここも行くまでが大変だったんですよ。丸の内口周辺の地図を見るも載ってない。そこで駅員さんに聞いたら、八重洲口のほうでしかも丸の内口からは大回りしなければならないとのこと。大回りするほどの時間は無かったんで、入場券で構内を抜けて八重洲口に回りました。初めて知ったんですが、Suicaって入場券としては使えないんですね。

 そんなこんなでフジテレビショップに到着。ここにはちゃんと在庫ありました。
 フジテレビショップのある「東京駅一番街」には、キャラクターや在京キー局のショップが多数あります。時間が無かったんですぐに引き上げましたが、時間があればじっくり見てみたかったですね。それにしても土地に慣れてないというのは辛いものです。

DSCF9102.jpg
DSCF9103.jpg
 綾瀬さんのインタビュー記事目当てで入手したんですが、さらに読んでみると軽部さんがめざまし15周年で北海道に渡った様子とかも載ってました。
 

 この後は、神保町で古本屋巡り。神保町駅に降り立つと...。
 DSCF9098.jpg
 東京国際女子マラソンの真っ只中。行きつけの古本屋に行くには白山通りを渡らなければなりません。しかし選手の列が切れる気配が無いんで、神保町駅の地下通路を迂回しました。
 行きつけの古本屋。場所は企業秘密ですが、今回は特にめぼしいものがありませんでした。いつもなら写真集とか他店に無い雑誌のバックナンバーとかあったりするんですが...。他の古本屋をハシゴしても良かったんですが、また地下通路で白山通りを渡るのが面倒臭くなったんで吉野家で昼食がてら計画変更。

 ここで都営新宿線に乗って新宿に行先を変更。東京・品川・上野など路線図で言えば“山手線の右側”に当たるほうはよく行くんですが、“左側”はほとんど行ったことがありません。

 何しに新宿に行ったのかと言えば、「ハッピーフライト」の関連本を買いに行くためです。
 神保町の書店でも買えるんですが、公開の前日に矢口監督が新宿の書店でサイン会をやっていたんでそれにちなんだ何かがあるかなと思ったんですね。

ハッピーフライト オフィシャルガイド (日経BPムック)


CA STORY in ハッピーフライト (キネ旬ムック)


 新宿のブックファーストはモード学園の校舎内にあるということで外に出たらすぐに解りました。名古屋もそうでしたが、モード学園の校舎は奇抜な格好してますからね。んで私の勘ですが、ほぼ外れました。なぜ“ほぼ”なのかといえば、「サイン本フェア」というコーナーがあって著者のサイン入りの小説などをまとめたコーナーはあったんですよ。但し、私が探してた関連本にサインが入ったものというのは無かったんですね。2冊買ったんですが、特にオフィシャルガイドのほうは結構いいことが書いてあったんで、これは後日「私の本棚」で取り上げたいと思ってます。「CA STORY~」のほうは写真集に楽しめるような内容になってました。
 
 新宿で買物を済ますと、乗る予定の山手線までたった3分しかありません。新宿の駅って迷いますね。周りを見回しても小田急と京王の駅しか見えない。とりあえず小田急の駅から入ってみるとJRの改札口に辿りつき、乗る予定の列車も到着が若干遅れてたせいか乗ることができました。

 次回は三田に荷物を取りに行ってから、千歳に着くまでの完結編をお送りする予定です。



《今日の余談》
DSCF9101.jpg
 昨日、学校のジャズサークルの定期演奏会に行ってきました。
 今まではミディアムテンポの曲が多かったんですが、テンポが早い曲も2~3曲あって結構進化したものだなと感心させられました。今年でこのサークルに属する知人も、事あるごとにイベントへ顔を出し続けてきた私も卒業なんですね。3年というのは早いものです。
 
 すすきので行われた打ち上げにも参加。知人は結構人気者で私に付きっ切りというわけにもいかないことは承知してたんで、“飲み食い目的”と割り切りました。でも知人の後輩たちは私のところに来て演奏の感想を求めてくれたり近況などを語ってくれ、ひとりぼっちで寂しい思いをするようなことはありませんでした。
 
 画像の説明が遅れましたが、すすきのの「東宝公楽」という映画館にある広告です。
 よくよくご覧ください。実写じゃなくてイラストなんですよ。昔はイラストのポスターが洋邦問わずあったんですが、電飾パネルや実写が主流になったいまじゃ珍しく見えるんですよね。作品に関して云うと、土曜日の北海道新聞夕刊にも矢口監督と綾瀬さんのインタビュー載ってました。道新を取ってる人はぜひ。
 

冬来る


自宅庭より

 昨夜から札幌にもまとまった雪が降りました。その頃はたまたま旭川から来ていたS氏とパチンコ屋に行ったりしたんですが、店を出たら車の窓に雪が積もってました。
 今日の札幌は15cmほどの積雪を記録。奈井江町の道央自動車道では今朝8時頃、旭川に向かう車線で乗用車やトラックなど37台が絡む多重衝突事故が発生しました。この区間は例年のように多重衝突が起きている“魔の区間”です。
 
 札幌市内の道路は圧雪アイスバーンで、交差点や日陰、橋の上などは特に滑りやすくなっています。私も車で橋の下をくぐりUターンしようとしたところ、ブレーキが利かなくなりあわよくばガードレールに突っ込むところでした。

 冬タイヤへの交換はもちろん、雪用ワイパーとスノーブラシの装備をお忘れなく。



映画「旅立ち~足寄より~」北海道で先行上映
 2006年にデビュー30周年を迎えたシンガー・ソングライター、松山千春さんの自伝が映画化。父への想い、音楽への目覚め、千春さんの恩師であるSTVラジオディレクター・竹田さんとの出会い、そして突然の別れなど胸を熱くせずには居られないエピソードが満載です。
 松山千春を演じるのは、ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス」、映画「クローズzero」で注目を集める若手実力派俳優の大東俊介さん。千春の才能をいち早く見出し、デビューさせたSTVラジオディレクター・竹田健二役に萩原聖人さんなどなど出演者も個性派揃い。

 この作品、北海道では今週11月22日(土)から「スガイシネプレックス札幌劇場」ほかで先行公開。その他の地域では来年1月24日(土)から順次公開されます。

 千春さんについて私も知らない部分がまだまだあるので、そうした知られざるエピソードを見ることができるのではないかと楽しみにしています。

映画「旅立ち~足寄より~」公式サイト


*ワィド・スポットライトは映画「旅立ち~足寄より~」を応援しています

 

東京出張その2

蔵前のホテルでひと休みして「夜の部」スタート。
会場は蔵前のお隣り。両国の某居酒屋。

出発前まで「某会合」と伏せていましたが、高校同窓会の東京支部総会に本部を代表して
派遣されたんです。たぶんこれまでの本部からの派遣者の中では最年少かと。
本部の近況報告のほかにもっと重要な“任務”も仰せつかったんですが、それはここで書くのは
差し控えたいと思います。

本部の総会でお目にかかった方が何人か居たので、気まずさは感じませんでした。
和気あいあいとした2時間を過ごし、1次会は終了。時間も早かったんでそのまま2次会へ。

2次会はカラオケ大会。札幌では年齢層が幅広いので歌謡曲・Jポップどちらも唄うんですが、
今回は年代が高めなんで、歌謡曲だけ唄いました。

M1:和田アキ子「古い日記」
M2:堺正章「忘れもの」
M3:ジェロ「氷雨」

ニコニコ動画で話題の「男女」や、つぼイノリオさんの「名古屋はええよ!やっとかめ」といった
コアな曲を唄う人が居て、びっくりしました。
さすがに「男女」レベルになると私以外知ってる人は居ませんでしたが...。
2曲とも知ってるもしくはどちらかなら知ってるという人がいればご一報ください。


2次会が終わり、「せっかく遠路はるばる来てくれたんで...」と東京の幹事長さんが
3次会をセッティングしてくれました。4人参加でしたが、支部の中では若手が揃い
1・2次会よりはメンバーの平均年齢が若返りました。主に自分たちの住んでる場所の
話題がメイン。この辺りになると酒の酔いが回り始めて“リバース”寸前でした。

宿に戻りシャワーを浴びて、携帯ラジオで「福山雅治魂のラジオ」を聴いてると、
激しい眠気でラスト15分くらいは聴いた記憶がありませんでした。



2日目
私の“仕事”は昨日でひとまず終了なんで、帰りの飛行機までフリーです。
 
 湯島天神(湯島天満宮)
出発の直前に行くことを決めました。「学問の神様」としてお馴染みですが、
就職祈願で訪れる人も居ます。私もその一人。しかもここに来て知ったんですが、

今年、厄年だったんです。 

厄年って「前厄・本厄・後厄」と3年続くんですね。一般に“厄年”と云われてるのは本厄のことです。
私は前厄だったんですよ。まぁ今年に入ってから例年にない良からぬこともいくつかあったんで、
厄払いをお願いすることにしました。厄年だから就職が決まらないという発想はあまりに安易かも
しれませんが、これで就活にも実を入れられそうです。おみくじも「大吉」でビックリするくらい良いことが書いてありました。当たってくれるといいんですが...。

湯島天神で厄払いを済ませて、次に向かったのが...。

錦糸町でございます。

前日にまなさんから情報をもらって急遽決定!宿からもそう遠くなかったんで。
20081116102926.jpg
複合商業施設「オリナス」内にある「TOHOシネマズ錦糸町」。
「ハッピーフライト」初日舞台挨拶の3箇所目の会場となった映画館。

DSCF9092.jpg
“試し撮り”した「容疑者Xの献身」ポスター

DSCF9097.jpg
まなさんから情報のあったサイン入りポスター。その隣りが「ICHI」のポスター。
映画館もなかなかいい仕事してますね。

DSCF9096.jpg
吹石一恵さん。

DSCF9095.jpg
田辺誠一さん。

DSCF9093.jpg
田畑智子さん。ここまでは何とか解りました。

DSCF9094.jpg
この中で矢口監督のは即解りました(右下)。その後まなさんから画像の左側のが綾瀬さんのサインだと
教えてもらいました。ってかファンにも関わらず人から教えてもらうなんて...。いやはや恥ずかしい限り。
ところで真ん中のはどなたのでしょう?

ポスター撮影の前に先客の方がいらっしゃったんです。
どうやらそのときの時間帯や様子からして、先客さんが当ブログでもお馴染みの
まなさんだったようなんですよ。「観にいきたいと思います」とは書いてあったものの
まさか時間帯までピッタリ揃っちゃうとは..。

まなさんとは以前にもニアミスしてたりします(※詳しくはまなさんのブログで)。
これまでで最も“接近”したケースでしょう。
今度はニアミスではなくちゃんとお会いできることを楽しみにしたいと思います。

今回の出張では中学までの同級生やまなさんなどサプライズな出会いに恵まれてます。
もちろん綾瀬さんや同窓会の支部の方々に会えたことだって素晴らしい出会いですよ。

2日目は内容が濃いんで、あと2回ほどレポが続くと思います。




今月の推薦曲(11月15日~30日)

平原綾香「ノクターン」
 平原さん本人も劇中に出演している、フジテレビ系木曜劇場「風のガーデン」主題歌。
 CDには英語詞の「ノクターン」と日本語詞の「カンパニュラの恋」の2曲が収録されています。歌詞カードにはノクターンの訳詞も書かれてるんですが、「カンパニュラ~」とは全く違う内容が書かれています。つまりメロディーは同じでも歌詞が違う別の曲なんですね。

東京出張その1

11月15日・16日の東京出張レポ完全版をお送りします。
長文覚悟でよろしくどうぞ。

土曜日の早朝。母さんに途中まで送ってもらい、空港連絡バス(空連)で新千歳空港へ。
途中、高速を走ってると恵庭(千歳の隣り)辺りから濃い霧が立ち込めていたんですね。
これまで旅行でこの時間の空連にはよく乗るんですが、一面霧というのは初めてでした。

バスは定刻に新千歳空港に到着。エア・ドゥのカウンターへ直行。
直行したのはワケがあって、便の変更をしたかったんですよ。
早期割引で便の変更や早い戻しをすると半額近く取られるんですが、
当日に空席があれば早い便に変更可という特例があります。

カウンターに行くと、乗ろうと思った8時発は満席。家を出た時は6席あったのに...。
でも危ぶむ無かれ。空席待ちで8時発に変更できました。エア・ドゥはANAと共同運航
してるんで、エア・ドゥの持ち席が満席でもANA側に空きがあれば取れるようです。

保安検査場をくぐった先の搭乗ロビーに、「ハッピーフライト」のパネルがありました。
時間が無かったんでじっくり見れませんでしたが、たぶん初旬にアウトレットモール「レラ」
にあったものと同じだと思います。
DSCF9082.jpg
綾瀬さん・田辺さんの等身大パネルもありました。
※画像は「レラ」で撮影したもの


飛行機は定刻に駐機場を離れました。しかし“第2の試練”が...。
前述した通り、この日の千歳は濃霧。飛行機が離陸できる距離に達してないと
いうことで管制塔からストップが掛かりました。
結局霧が晴れて離陸できるようになったのは定刻より1時間後。
早い便に変更した意味ねぇ~。
そんなイライラを抱えつつのフライトでしたが、思わぬサプライズがっ!

着陸を始めようとした辺りに、私の名前を呼ぶCAさんが居たんです。
「えっ?」と思いつつも名札を見ると、何とそのCAさんは中学までの同級生だったんですよ。
便変更してなかったら出会ってなかったわけですから、すごい偶然ですよね。

「忘れてたでしょ?」

「いや、覚えてるよ。○○さんだよね。」

声を掛けてきた辺りで中学までの同級生という察しはついたんですが、名札を見るまで
違う同級生と勘違いしてました。そんな思わぬ再会もあって到着までのイライラはどこかへ
行ってました。

羽田へ着いたらひたすらダッシュ!!
京急と大江戸線を乗り換えて、六本木ヒルズに着いたのが上映開始(11:15)
から15~20分ほど経ってましたね。

舞台挨拶の感想はこの後、「続きを読む」に書きます。
ネタバレしかねない内容になるんで。

舞台挨拶を見た後は、せっかく六本木に来たのでテレビ朝日へ。
毎年GWは東京に行っていながら、六本木界隈を訪れるのは3~4年ぶり。

DSCF9085.jpg
金9ドラマ「ギラギラ」のセット

DSCF9086.jpg
今クールも絶好調。「相棒」のコーナー。

六本木から蔵前のホテルへ行くと、30分ほど余ったんでひと休み。
今回のレポはここまで。


六本木初日舞台挨拶のレポはこちら↓ (※ネタバレ注意)

more...

札幌へ帰ってきました!

 今日の夜、札幌に帰ってきました。
 さっそく「出張のよもやま話を...」と行きたいんですが、
 明日は「ヤマ」なことが控えてるんで、それ以降にのんびり更新したいと思います。
 もうちょっと待っててくださいね。

東京出張2日目

※日曜日に携帯から更新した記事をまとめてお送りします
 デジカメ撮影した「完全版」も後でアップしますんでお楽しみに。

錦糸町(2008年11月16日 10:29)
20081116102926
おはようです。
まなさんから昨日教えてもらった錦糸町の映画館に行きました

羽田へ(2008年11月16日 14:44)
20081116144433
錦糸町に寄った後
丸の内→神保町の古本屋→新宿→三田まできました。これから羽田空港へ向かいます

羽田空港(2008年11月16日 15:40)
20081116154047
羽田へ着きました。一泊二日だからあっという間ですね


東京出張1日目

※土曜日に携帯からアップした記事をまとめてお送りします

映画観ました(2008年11月15日 13:42)
20081115134226
事後報告ですみません。飛行機が遅れてしまって。さっき映画と舞台挨拶みました。
画像:森美術館

飲み会中(2008年11月15日 18:53)
20081115185353
某会合の2次会で駅近くのカラオケボックスにいます。映画の感想、今日はムリかな?

明日から東京出張

 先週からお知らせしてますが明日・あさっては東京に出張します!
 札幌には16日(日)の夜に戻ってきます。

 北海道を離れるのは9月旅行以来ですね。その旅行レポも滞っていてすみません。
 今年は早々と完結させたいと思っていたんですが...。面目ない。

 IT環境に恵まれてる東京なんで、出張期間中も更新できると思います。
 コメント・メールは普段通りお待ちしてますよ。

 メールで思い出したんですが、ごくマレに普通のメールが迷惑メールフォルダに入ってたり
 するんですよ。こないだも某所へ問い合わせたレスが迷惑メール扱いにされてました。
 迷惑メールフォルダは中身を見ずに全消去してるんで、運悪く迷惑メールとしてみなされた
 メールは読まれないまま消されるということも
有り得ます。


 確実なのはメールフォームから送信することです。
 送ってからレスが返ってこない場合は、メールフォームで届いているか確認してください。
 基本的にスパムとか荒らしとかじゃ限りは返信しますんで。よろしくお願いします。

 
 土曜日は朝の便で羽田へ着いてから映画「ハッピーフライト」を観に行ったり、
 本来の目的である会合に出たりします。

 日曜日は特に決めてません。また神田で古本探しかな。



《今日の余談》
 こないだ「シアターS」(STV札幌テレビ放送)でやってた「ハッピーフライト」のインタビュー観ました。

 VTRが始まるや否やそこで待っていたものは...

 インタビュアーの黒さん(♂)が、何とCAのコスプレでお出迎え! 

 矢口監督と綾瀬さんが部屋に入ってくるんですが、監督はボー然。
 CAの衣装で現れた綾瀬さんは黒さんのコスプレを見て「あら お似合いで~♪」と何か楽しそう。
 ウラ話として撮影前に顔合わせしたんですが、黒さんのコスプレを見て一旦引き上げたそうです。 

 インタビューの内容はこの番組だけというものは特に無かったんで割愛します。

 「緊急脱出時は(CAさんが)低い声で叫ばなければならずキャラが変わるんですよ」と語る
 矢口監督。徹底的な取材をされてただけあって豆知識豊富ですね。
 ここで監督が突然「ねっ。綾瀬さん!」と。

 トークショーでもそうだったんですが、監督がいきなり綾瀬さんへ話を振る場面。
 まるで何かのコントを見ているようで好きです。

 「体を伏せて! ヘッドダウン!」
 監督の突然のリクエストに恥ずかしながらという感じで応える綾瀬さん。可愛いっすねぇ。
 さらになぜか武田鉄矢さんのモノマネもされてました。

 インタビューの最後に「視聴者へのメッセージ」のコーナーがあって

 「搭乗券は要りません!」

 と決め台詞?をさわやかに言い切った綾瀬さん。これでインタビュー終了かと思いきや
 監督からすかさずツッコミが。実は...

 (正)パスポートは要りません!
 (誤)搭乗券は要りません!

 だったんですね。ということで最後は矢口監督の仕切りなおしでインタビュー終了。
 番組自体が短いのでインタビュー自体は5分ちょっとでした。 

 毎度ながら拙いレポですが、少しでも雰囲気を感じ取ってくれれば幸いです。 



追伸 
 まなさん。先日コメントで紹介されてた六本木の「僕サイ」ロケ地のアドレス。
 コピペしてみたんですが、アクセスできませんでした。
 もしこの記事を見ていたら直リンしたものをメールフォームから送っていただけないでしょうか?
 よろしくお願いします。  
 

めざまし北海道・おはよう山田です

 明日14日(金)4:50~の「めざまし北海道・おはよう山田です」(UHB北海道文化放送)で
 映画「ハッピーフライト」の特集が放送されます。
 北海道地方の人は「めざましテレビ」と併せてチェックをお忘れなく!

 

08年・10月ドラマレビュー(3)

 今クールは正直個人的に「見てみたい!」と思える作品が少ないです。出来が云々というよりは内容的にということですね。そんな中で珍しく途中の回から見始めた作品をご紹介。

チーム・バチスタの栄光(関西テレビ・フジテレビ系)
 初回・第2話あたりは全然見てませんでした。がっ、3話目以降に何気なく見てるうちにハマっちゃいました。
 この作品、2006年に「このミステリーがすごい!」大賞を受賞。今年2月に映画化されました。それから半年でドラマ化と相成りました。映画とドラマではキャストが全然違うわけですが、主人公・田口公平が映画では女性だったのに対し、ドラマでは原作と同じ男性になっています。

 厚労省の官僚・白鳥に扮したのが仲村トオルさん。私は阿部(寛)ちゃん以外に適任な俳優さんは居ないだろうと思ってたんですがちょっとワイルドさを持ち合わせて、相手構わずズバズバと切り込んでくる白鳥のキャラを見事に体現されていました。田口役の伊藤淳史さん。原作とはキャラ設定を変えているんですが、純粋で気弱な役をやらせたら上手いですよね。
 病理医役の宮川大輔さん。前作「シバトラ」の刑事役は正直、バラエティとそれほど変わらない感じがして面白く無かったです。前クールで芸人が出演した作品で演技が良かった順でベスト3にしたら、

1位・・・エドはるみ(日曜劇場「TOMORROW」)
2位・・・小島よしお(33分探偵)
3位・・・宮川大輔

って感じですかね。今回の鳴海という役は単なる脇役ではなく物語で鍵を握る人物の一人となっています。時には「鳴海が犯人なんじゃないか?」という素振りを見せることもあります。エドさんにはまだまだ及ばないところはありますが、前作よりは断然いいです。

ストーリーのほうも最後に原作とは違う結末が用意されているということなんでそれも楽しみです。



綾瀬はるか情報
 明日13日(木)深夜1:25~の「ユメイロ。シネマ倶楽部」(HBC北海道放送)で、映画「ハッピーフライト」のインタビューが放送されます。綾瀬さんが笑いすぎだったんだとか。どんな質問が出たんでしょうか。インタビュアーが大泉さんの後輩の“メガネの人”だったんでしょうか?

 昨日放送の「シアターS」、録ったもののまだ観れてません。観れたらレポをまとめたいと思います。

 


 

きょうの出来事(11/10)

 午前中から夕方まで外に出てました。まさに「外回り」。

 高校で同窓会の打合せをした後に、40分掛けて大学に先週の飲み会の忘れ物を取りに行きました。
 この時点でお昼過ぎてたんで、3年夏まで良く通ってた大学近くのラーメン屋で昼食。
 最近行かなくなったのは学校自体に行くことが減ったり、家で昼を食べてから出かけるようになったから。
 久々に食べたあんかけやきそば旨かったな。

 この後中心部の旅行会社で東京出張の宿代を払いに行ったり、眼科で目薬を貰いに行きました。

 ある意味、営業と似てますよね。高校や旅行会社などの“お得意先”を周ったり
 ラーメン屋の大将と談笑したり。疲れるけど何か楽しい。



 『「ハッピーフライト」の舞台挨拶のチケット取れました!』(11/8記事より)と書いたところ、
 多くのコメントを頂きました。ありがとうございます。週末あたりから映画とコラボしたANA「旅割」のCMも
 ぼちぼち流れてますね。

 記事タイトルを間違えてしまい「きょうの出来事11月8日」なのに翌週の15日と書いてしまいました。
 舞台挨拶のチケット取れたのがかなり嬉しかったから気が逸ったようです。大変失礼しました。
 
 舞台挨拶も後でレポをまとめたいところですね。ちなみに今回の出張中はホテルのPCから更新
 できると思います。東京ですからね。



 明日は11月11日ということで1が四並びする日です。

 ポッキー&プリッツの日ですね。形が「1」に見えるからというのは言わずもがなですね。
 ポッキーのCMは最近、ガッキーから忽那汐里という若手女優に代わりましたね。

 「イチ」と言えば、昨日映画「ICHI」の大ヒット記念舞台挨拶が大阪でありました(記事)。
 この中で「私は2度目の方が面白かった。見れば見るほど味が出る。題して、スルメ映画」と
 PRした綾瀬さん。明日は1並びの日ですがそれに因んだ何かがあったりして。
 昨日放送の「MOVIE ACCESS」(Air-G FM北海道)の冒頭で聴いたんですが、綾瀬さんは「僕の彼女~」の
 ロケの合間を使い、殺陣の練習されてたそうです。他の作品の合間に練習してたという話は以前に
 聴いてたんですがこんなに早いうちからやってたんですね。

 10月25日に、「01分発の1系統のバスに乗って...」なんて記事を書きましたが
 その後にこんなこともありました。銀行に行ったときに受付カードを引いたら111番目だったんです。
 
 最近は特に無いんですが、10月の後半は「1」にまつわるエピソードがいろいろありましたね。
 
 

小室容疑者にグッズ差し入れ、TBSが釈明

 9日放送のTBS系「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)で、詐欺容疑で大阪拘置所に拘留中の音楽プロデューサー、小室哲哉容疑者(49)に対する番組スタッフの取材方法について、同局の安東弘樹アナ(41)が釈明した。

 問題が起きたのは7日。スタッフが拘置所を訪れ、司会を務める和田アキ子(58)の著書や番組グッズなどを小室容疑者に差し入れた。

 安東アナは「この取材は行きすぎたアプローチだったと考えております」と説明。全く知らなかった和田が「えっ?」と困惑の表情を浮かべる中、「当然ながら、アッコさん本人は関知しておりません。今後の取材に反映していきたいと思います」と頭を下げた。

http://www.sanspo.com/geino/news/081110/gnd1110000-n1.htm


Tsanのコメント
 最初、小室容疑者と関係のあったTBSのスタッフが個人的に差し入れたんだと思ってたんですよ。
 ところが記事を読み進めてくと、小室容疑者逮捕を報じるために取材したものの思わしい結果が得られず、拘置所への直撃を試みたようなんですね。和田さんは安東アナが番組内で謝罪するまでこのことを知らず、番組終了後に激怒。TBS幹部が和田さんの所属するホリプロへ謝罪したということです。
 
 こないだ筑紫哲也さんの訃報をお伝えしましたが、1996年にTBSビデオ問題が起きたとき、生前の筑紫さんは同局の番組「NEWS23」で『TBSは今日、死んだに等しいと思います。』とコメントし大きな反響を呼びました。今回の件は下手すれば「ビデオ問題」の二の舞じゃないかと思いました。情報が集まらないからといって拘置所を直撃するといった荒業で仕入れたネタを、「おまかせ」のドンである和田さんや視聴者が『でかした!』と云うでしょうかね?和田さんが激怒するのも無理はありません。

雨のタイヤ交換

昨日遅くまで起きてたせいか、けさは久々9時頃まで寝てました。

じいちゃんの車をタイヤ交換する約束だったんですが、
時間になっても起きないんで、ばあちゃんが起こしに来ました。

30分で食事と着替えを済ませて、じいちゃんのところへ行くと今度は外が雨降りで
タイヤ交換できず。ジャ○コの地下駐車場で交換したら面白そうとか勝手に妄想。

雨が小降りになったところで車庫内で交換を決行することに。
毎度車庫内でやってるんですが、タイヤを出し入れしやすいように前輪だけ
車庫から出してるんです。今回は外で作業したくないんで右の前後輪を交換したら
一旦車庫から出して向きを変えて、車を前から車庫に突っ込ませて左の前後輪を交換しました。

タイヤ交換を自分でやってる人も居ると思います。そのときに
「ナット緩みで脱輪するのが怖いので...」と十字レンチに足を掛けてナットを増し締めしたりしてませんか?
そんなに力を掛けて締めることありません。むしろ力を掛けすぎて車軸の「ハブ」が折れることもあるので
おすすめできません。

【正しいタイヤ交換(締付編)】
タイヤを車軸にセットしたら軽い力で十字レンチがクルクル回るところまでナットを仮締めします。
のっけからクルクル回らないような場合はネジ切れする恐れもあるんで一度外してください。
仮締めが済んだら両手でやや強めに力を掛けて締めればそれでいいんです。
このときに対角線上に締めるのがポイントです。上→下→右上→右下...という感じに。
それとインパクトドライバーの力に頼るのも足掛け同様よろしくありません。この場合は適正な締付トルクを
車の取説などで調べてから締めましょう。交換が済んだら空気圧調整も忘れずに。燃費にも影響します。






きょうの出来事(11/8)

 昨日が飲み会。
 ゼミ4年生と3年生の初顔合わせで鍋の材料を通常の倍買ったんですが、
 豆腐以外はすぐに無くなりました。初めてだったからかゼミ生同士が
 3年・4年でそれぞれ固まってしまったんですが、打ち解けあうのはこれからですね。
 年内はあと1回やる予定です。

 今日は早朝からてんやわんやでした。

 羊さんのブログにチラっと書いたんですが
 来週土曜日は用事があって東京に居るんですよ(就活ではない)。
 その用事の日と映画「ハッピーフライト」の公開初日がたまたま同じ日なんですよね。

 「どうせ東京に居るんだったら舞台挨拶でも観ようじゃないか」という単純な思いつきから、
 チケットを取ってみようということに。昨日、チケットぴあの人に聞くと

 (東京の舞台挨拶は)正直、取れた試しはないんですけどね...」

 と云われたものの羊さんからマル秘アドバイスを伝授していただき、
 今日の発売開始と同時にチケットを入手できました。私はチケットぴあで買うのが初めてだったんで
 入手できるまでドキドキものだったんですがけさ対応してくれた店員さんは意外と冷静で、
 取れるという確信があったのかもしれません。
 舞台挨拶が東京行きの主目的では無いんですが、チケットも取れたんで楽しんできたいと思います。

 午前中にチケットをとった後は某所で用事を済ませて、ハローワークで履歴書書いて
 夕方に帰ってきました。
 昨日雪の降った札幌ですが、日中には路面の雪が完全に融けて芝生にちょっと残る程度です。
 路面も濡れてるだけで凍ってないです。でも日に日に寒い! 

08年・10月ドラマレビュー(2)

ドラマレビュー第2弾です。
公開するタイミングを逸してしまい、お待たせしてしまいました。

more...

[訃報]ジャーナリスト・筑紫哲也氏死去

 TBSで報道番組「NEWS23」のメインキャスターとして活躍したジャーナリストの筑紫哲也さんが7日、東京都内の病院で肺がんのため死去した。73歳。

 筑紫さんは1989年10月から「筑紫哲也NEWS23」のメインキャスターを務め、18年半にわたりテレビジャーナリズムの第一人者として活躍した。平成19年5月に同番組の放送中に、自ら肺がんであることを告白。手術後の番組への復帰を約束し、闘病生活に入っていた。

 昭和10年生まれ。早稲田大学を卒業後、朝日新聞社に入社。新聞記者として政治部や本土返還前の沖縄特派員、米国ワシントン特派員などを歴任。同社記者として昭和52年から約5年間、テレビ朝日系の報道番組「日曜夕刊!こちらデスク」の司会者を務め“異色の新聞記者”として話題を集めた。

 また、朝日新聞が発行していた週刊誌「朝日ジャーナル」で昭和59年から約3年間、編集長を務めた。編集長時代に手掛けた連載企画「若者たちの神々」「新人類の旗手たち」などでは、さまざまなジャンルの一線で活躍する若者を取り上げ、「新人類」という言葉を生み出した。

 平成元年に朝日新聞社を退職。当時、高い視聴率を得ていたテレビ朝日系の報道番組「ニュースステーション」に対抗してTBS系で同年から始まった報道番組「NEWS23」のメーンキャスターに抜擢(ばってき)された。

葬儀は近親者のみで行い、後日改めてお別れの会を開く予定。

http://www.sanspo.com/geino/news/081107/gnj0811071825017-n1.htm


Tsanのコメント
 私は筑紫さんがレギュラー出演していた末期のほうしか観ていなかったので最初のほうについてはわかりません。
 
 「こんばんわ、筑紫哲也です」、「…では、今日はこんなところです。」という挨拶が聞けなくなるのは寂しいですね。夜のニュースを代表する存在でした。自分の信念を常に持ち、権力に屈することなく報道一筋を貫いてらっしゃいました。今も夜のニュース番組が何本かありませんが、冷静に的を得たコメントを述べているキャスターやコメンテーターがいるだろうかと考えると、私は筑紫さんを超える人は居ないと思いますね。

 私が好きだったのは「金曜深夜便」というコーナー。文化・芸能に関するものが中心で、1年間のCMを総括したり、不定期でおすぎさんが映画批評したりすることもありました。これを観ると月~金のギスギスしたものから解き放たれ、自由な週末が始まるんだという気にさせてくれました。今は「金曜解放区」という名前に変わりましたが、個人的には「深夜便」のほうが好きでした。
 余談ですが筑紫さんといえば2005年夏放送の『戦後60年特別企画「ヒロシマ」』で綾瀬さんと共演されてたこともありましたね。

 筑紫さんは最近までweb上で「多事争論」を更新されていました。昨今の経済不安をどう捉えてらっしゃったのでしょうか?
 
 筑紫さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます

 

 
 

すごい雪

20081107212146
※線路に積もった雪

飲み会終わりに外へ出たらえらい吹雪でした。明日は大丈夫なんだろうか...。



綾瀬はるか情報 
 9日(日)午前9:00~の「MOVIE ACCESS」(Air-G・FM北海道)で、「ハッピーフライト」のインタビューが放送されます。「ハッピーフライト」公式サイトのイベントレポートによると「FM NORTH WAVE」の番組にも出演されたようなんですが、どの番組なのかはわかりません。

きょうの出来事(11/6)

タイヤ交換に行ってきました。

今週の札幌は火曜日に初雪(旭川は市街でも積もった)を記録。
あさっては雨のあと、夜遅くに気温が氷点下になるという予報もでています。
雨のあとに気温下がった日には最悪ですよ。道路が凍結して夏タイヤじゃ走れなくなりますからね。

街の本屋に行きたかったんでそのついでに父さんご用達の某ディーラーへ車を預けてから
タイヤ交換の時間を使って買物してきました。我が家のタイヤはホイールが一組(4本)しかないんで
お店じゃないと換えれないんですよね。

1時間後、某ディーラーに車を取りに行く。
ディーラーの方曰く、「履き替えた冬タイヤは今期限り、今期走るにしても滑りやすいと思う」と言われました。
別にタイヤを買うお金が無いんじゃありません。かれこれ20万キロ以上走ってきたんで、
タイヤを替えてこのまま乗り続けるか、車を買い替えるかを父さんが決めかねてるからです。
本当はこの秋に欲しい車が出る予定だったんですが、年明け以降に発売延期になったらしいです。
夏タイヤは「スリップサイン」が出るほど溝が減ってたんで処分してもらいました。
ゼロヨン
とかやるにはもってこいなんですけどね。(笑)

冬タイヤを履いて運転したことないと解りにくいんですが、ハンドルが軽自動車並みに軽くなります。

これで冬を迎えられそうです。タイヤから離れますが去年の今頃、雪が降る前には就職先を決めたいと
思ってたんですが、未だに継続中です。次に受ける会社は決まってるんですが。
夕方のニュースによると道内の大学生で企業から内定を取り消されるケースが出ているそうです。
経済不安による経営計画縮小が原因とか。内定をもらった学生には何の否も無いというのに...。
久米さんはこないだのラジオ番組で「内定を取り消された学生が裁判起こせば勝てるんじゃないか?」って
言ってました。学生が勝訴しても入ってからが気まずくなりそうな...。

内定が取れても入社までは安心できないとは。受難の時代ですね。

(※)お知らせ
 実験的に一部の記事で改行を多くしています(当記事ではこの部分より上)。全画面の大きさに合わせているので、任意の画面サイズでは見づらいかもしれません。



綾瀬はるか情報 
 11日(火)深夜0:29~の「シアターS」(STV札幌テレビ放送)で、「ハッピーフライト」のインタビューが放送されます(ソースは北海道新聞朝刊)。

 

「恋の歌謡日」を久々に聴いてみる

 3日(月)放送の「工藤じゅんきの十人十色」(STVラジオ)のテーマが「セリフのいい曲リクエスト」。例えば「アタックNo.1」の「だけど涙が出ちゃう 女の子だもん」の部分。要するに“♪”の付かないところがセリフです。この日は「ハッピーフライトトークショー」整理券の配布待ちで朝10時から外で番組を聴きながら並んでました。

 リクエストでこの曲が掛かっててまたフルコーラスで聴きたくなりました。

ゆず「恋の歌謡日」(2002年)


ブクログで久々ジャケット見たんですが...

(北川)悠仁が女装してるっ!!」


 昔のムード歌謡を意識したような曲で、PVでは悠仁がキャパレー専属バンド「ザ・トランポリンズ」ボーカルの“北見川潤子”。岩沢が潤子の恋人で「ザ・トランポリンズ」バンド・マスター(バンマス)の“ムーチョ小岩沢”に扮して出てるという設定。たぶんゆずの楽曲の中で前にも後にもこれを超える異色曲はないでしょうね。
 ほかにも吉幾三の「と・も・こ」、氣志団「ワンナイト カーニバル」などなど過去を遡ると意外とあるもんだなと。配布されるまでの待ち時間、退屈せずに過ごせました。

 考えてみると最近はセリフが入った曲ってめっきり減りましたね。羞恥心の「泣かないで」くらいでしょうか。



《今日の余談》
 今日の北海道新聞夕刊を読んでいたら文化面に釜山国際映画祭の記事が載ってました。それによると、映画「僕の彼女はサイボーグ」のクァク・ジェヨン監督が新作撮影のため、最近札幌に居を構えたんだそうです。3月のゆうばり国際ファンタスティック映画祭でインタビュアーの方がクァク監督に「次回作は夕張を舞台にしてみてはどうですか?」なんて質問をしていたのを思い出しました。夕張でロケがあるのかはわかりませんが、あの時点で「次回作は北海道で」という構想があったのかもしれませんね。 

小室哲哉容疑者ら3人を逮捕…5億円詐欺容疑

 人気グループ「globe」のメンバーで、数々のヒット曲で日本の音楽シーンをリードした小室哲哉・音楽プロデューサー(49)が、兵庫県内の個人投資家(48)に音楽著作権の譲渡を持ちかけ、5億円をだまし取った疑いが強まったとして大阪地検特捜部は4日、詐欺容疑で小室容疑者を逮捕した。小室容疑者は大阪地検特捜部の調べに「被害者に反省し、謝罪したい」と容疑を認めているという。

http://www.sanspo.com/geino/news/081104/gnd1104010-n1.htm


Tsanのコメント
 起きてすぐ「見たもんSHOW」(※「めざましテレビ」6時台芸能コーナー)点けたら、これが報じられていて眠気が一気に飛びましたよ。普段芸能モノを扱わないNHKでさえ「おはよう日本」のトップで報じていたり、一般紙・スポーツ紙ともトップで報じていたことを考えるといかに国民的関心事かというのが伺えます。

 半日経って、逮捕による波紋や最近の小室容疑者の近況などが徐々に明らかになっています。私が報道を観ている限りでは、「一儲けしよう」というよりは、金銭面で困った末に詐欺を働かざるを得ないような状況にまで追い込まれたのではないかという気がするんですよね。
 近年の小室容疑者は香港での事業失敗や離婚による前妻への慰謝料支払いなどで多額の借金を抱えていました。自らプロデュースしヒットした楽曲を抱えているものの、印税は前妻が差し押さえしていたために手元に収入が入ってこなかったようです。そんな中でも生活レベルを落とすことができず生活費で月800万円掛かっていたそうです。一度染み付いた豪華な生活レベルを落とすのはなかなか難しいという話を聴いたことはありますが、安いところに引っ越すなどしていれば負債についても軽減することができたかもしれません。

 逮捕を受けて街の声や小室容疑者の周囲からのコメントも集まりつつありますが、その大半は失望や無念、遺憾といったものが目立ちました。小室容疑者の大学時代の友人も「彼は悪事をはたらくような人間では無い」とコメントしていました。音楽活動に留まらず事業家として一花咲かせたかった。しかし事業が立ち行かなくなりどうにもならなくなったのではないでしょうか。

「ハッピーフライト」トークショーin千歳

 連休最終日ですね。今日は母さんと一緒に(※友達を誘ったけど断られたんで)千歳アウトレットモール「レラ」で行われた映画「ハッピーフライト」トークショーを観にいってきました。拙い文になってますがまたレポを書いてみました。

more...

きょうの出来事(11/2)

 今回は「今日の余談」スペシャルです。

ひとり旅
 昨日放送「久米宏 ラジオなんですけど」(TBSラジオほか)のテーマが「ひとり旅」でした。冒頭でJTBが実施した一人旅に関するアンケートの結果が公開されました。
 「ひとり旅をしてみたいと思うか?」という質問に、76%の人が「してみたい」と回答。しかし財団法人日本交通公社が実施した「観光レクリエーション旅行でのひとり旅」という調査で、実際にひとり旅へ出かけたのは6.2%に留まったそうです。つまりは、
 
ひとり旅に行きたいが実際には出かけて居ない

 という実態が浮かび上がったわけです。私はどこかへ出かけると云ったらいつもひとり旅ばかりなんですが、一人で出かけたくても出かけられない人のほうが多いんですね。

 じゃ「ひとり旅に出られない理由は?」というと、1位が「ひとりでは不安」2位「家族を残して出掛けられない」というのが半分近くを占めてました。このあたりは物騒な世の中を反映している側面もあるんでしょうか。その他の理由では「一人で行っても楽しくない」、「感想をその場で分かち合いたい」というものに集約されるようです。私はひとり旅ばかりなので一人で行って楽しくないということは無いにしろ、「その場で感想を分かち合える仲間が欲しい」というのはすんごく解りますね。私はひとり旅を奨励するつもりは無いんです。一緒に旅行に来てくれる人がいるならそれに越したことはないんですから。でも敢えてひとり旅のメリットを挙げるならば...

自分の思ったままに行動できる

 ということですかね。もっと云うと相手に気兼ねすることが無い。例えば去夏の旅行ではカメラの誤操作で画像が全て吹っ飛び、一日がかりで“再訪問”しました。仲間が再訪問に付き合ってくれるでしょうか?付き合ってくれるにしても私からそのことを仲間に言いだせるだろうか?とか気を遣っちゃうわけですよ。その分ひとり旅は自分の都合と気力の許す限りどこまでも思ったままに行動できますから。



立体駐車場
 免許を取ってかれこれ4年。普段も車に乗る機会が多いんでペーパーではありません。
 今日家族を街まで車で送りました。このブログで度々「街」というワードが出てきますが、全て札幌中心部のことです。地元民はみんなこう云うんですよね。
 前置きが長くなりましたが私もたまたま用事があったんで、某立体駐車場(立駐)に停めました。実は免許を取ってから立駐に停めたことがありません。まず街へ行くときは地下鉄か車で、しかも父さんが運転して立駐に入れるので。

 車を入れる台車、パレットへ車を乗り入れます。これとドライブスルー洗車機の入場は緊張します。乗り入れるときに「ドン、ガタン!」って揺れが、どっかにぶつけたんじゃないかという気になるんですよね。目の前の「前進」表示が「停止」に切り替わり車を停める。どうやら入庫できたらしい。係員から駐車券を貰って地下街に出かけました。

 数時間後、再び立駐へ。係員に駐車券と料金を払って再び車へ。
 出庫は入庫の逆。シフトを「R」に切り替えてバック。ターンテーブルまで係員に誘導してもらい、後はターンテーブルが勝手に方向転換してくれる。ターンテーブルに乗ってる時間だけは子供の頃からワクワクしたものです。 



「矢島美容室」ってダレ?
 最近やたらと耳にするので。長澤まさみさんと古田新太さんが出てくるCMのバックで唄ってる3人組です。長澤さんと古田さんのやり取りにすっかり目が行ってました。「みなさんのおかげでした」の企画でとんねるずとDJ OZMAがコラボしたのがこのユニットなんですね。先週木曜の「ナインティナインのオールナイトニッポン」にも出てましたが、昔のジングルや曲が掛かってたんで矢島美容室ではなく“とんねるずとDJ OZMA”になってました。
 曲は「みなおか」の企画モノらしく仕上がってるんですが、野猿といい、今回の矢島美容室といい、数年おきに番組から曲の企画が立ち上がるというのは、とんねるずの音楽に対する一定のニーズがあるということなのでしょう。

ニホンノミカタ -ネバダカラキマシタ-

今月の推薦曲

11月になりました。今月前半の推薦曲はこの曲です。

今月の推薦曲(11月1日~15日)

Hi-Fi CAMP「恋」

 今年6月に「キズナ」(※7月前半の推薦曲)でデビュー。SMAPが唄う「この瞬間、きっと夢じゃない 」の作詞・作曲を手がけたHi-Fi CAMPが待望の2ndシングルをリリース。「あの瞬間の大切な想いを描いた甘酸っぱく、そして切ない、恋のストーリー。」を表現したそうです。秋の夜長にじっくりと聴きたい一曲です。


プロフィール

Tsan

Author:Tsan
札幌生まれの札幌育ち。芸能界とタレント・アイドルをこよなく愛する20代の大学生。
好きな芸能人は酒井若菜・綾瀬はるか・中居正広・草野仁etc.詳しくは「プロフィール」で!

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
※お知らせ※

当ブログは著作権、肖像権侵害の目的は一切ございません。ブログという趣味の範囲内で運営をしているつもりです。万一不都合な点や御迷惑をおかけしている点などがありましたら、法的手段等をとられる前にメールフォームにてご連絡願います。速やかに削除等の処置をとらせて頂きます。関係者様には寛大な心で、ご理解を頂ければと願う次第です。

キリ番に当たった方は、掲示板・メールフォームで教えてください。
《主なキリ番》
「8888」などのゾロ目や「10000」などキリの良い数字



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
酒井若菜info
管理人の見たまま情報。

※情報が入り次第、更新します。

今月の推薦曲

氣志團「Baby Baby Baby」
(TBSテレビ系列プロ野球中継テーマソング、HBC Bravo!ファイターズテーマソング )


推薦曲バックナンバーはこちら

《東北・関東大震災復興支援パワープレイ》
関ジャニ∞
「Life~目の前の向こうへ~」

明日のために、いま知っとこ
 このコーナーについてはこちら

キャップ回収で世界の子供に
ワクチンを
エコキャップ推進協会

親を亡くした子供たちに、進学という夢を。
「あしなが育英会」

ドナー登録は18歳から
(JMDP骨髄移植推進財団)
ドナーズネット

難民のための、希望の5文字
国連UNHCR協会

美しい自然を、残そう
「ナショナル・トラスト」
日本ナショナル・トラスト協会

綾瀬はるかinfo
管理人の見たまま情報。

《現在》
◇CM「Newパンテーン」(P&G)


◇CM「ジャイアントコーン」(江崎グリコ)


◇CM「ビエラワンセグ」
(Panasonic)


◇CM「みらいサポート」(日本生命)

《今後》
※この欄のスケジュール更新が追いつかない場合があります。最新の情報は羊さんのブログでも併せてご確認ください。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
相互リンク随時募集中!!(※審査承認制)お気軽に管理人までお問合せください
※リンク先の紹介文は「おしらせ」カテゴリにございます。
ブログ内検索
オススメ!

HBCショッピング

ほっかいどうミルクネット
みんなで北海道の牛乳を飲みましょう。

ワィド・スポットライトは
もんすけ1BAN計画
を応援しています!!

QRコード
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。