スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08春・ドラマひとこと講評(1)

 夏が近づくにつれ、春スタートのドラマが次々に最終回を迎えています。
 今回「CHANGE」や「ROOKIES」のように変則スタート&ロングラン作品もあるので、全てのデータが出揃ってません。終了した作品からできるだけ挙げてくようにしたいと思います。

 今回も録画予約数データと併せてご覧ください。コチラ

ホカベン(日本テレビ系)
 ウザったいくらい暑くるしい堂本灯(上戸彩)のキャラクターが視聴者には受け入れられなかったようで大苦戦しました。最後のほうになると灯が自分の先輩であるプロボノのリーダー・杉崎(北村一輝)を訴えるというありえなさすぎな展開。最終回は審理が終わり判決が言い渡される直前で終了。結局どちらが勝訴したのかも闇のなかに終わったのが一番ガッカリでした。
 弁護士のいいことも悪いことも描くスタンスはいいと思ったんですけどね。


パズル(ABC・テレビ朝日系)
 数字では振るいませんでしたがなかなかの作品かなと思います。まず形式からいうと話の本筋だけが毎話ごとに変わり、最初と最後はパターン化されてるという「大福型」でした。「富豪刑事」シリーズもこの類です。
 鮎川(石原さとみ)の薄汚いキャラクターと鮎川に振り回されるイケメン3人組が良かったですね。ストーリーは三流な感じでしたけど。ハチャメチャ作なんでその辺は多めに見れた範囲かなと思います。金9枠じゃなくてナイトドラマ枠(23時)で流したほうが何ぼか良かったかも。
 石原さんは最近「脱清純」を意識しているそうで、8月から始まるつかこうへいさんの舞台では「淫乱な沖田総司」という役を演じます。沖田総司は実は女だったという設定です。劇中では男女の演じ分けや坂本龍馬役の真琴つばささん(43)とのキスシーン、卑猥なせりふなんかもあるそうです。清純イメージを切り崩す第一歩としてはまずまずかなと思います。


絶対彼氏(フジテレビ系)
 常にランキングのベスト10圏内をキープ。とても2年前に大コケしたコンビとは思えないくらい善戦してたと思います。改めてストーリーとキャストのマッチングの大切さを感じさせられました。“ウドの大木”的な速水くんのイメージがロボット役と相性がよかったんでしょうね。と同時に相武さんのちょっとドジな派遣社員というキャラも映えてくるんですよ。
 このドラマの善戦を受けて他局では速水くんのキャスティングを始めているそうなんですが、売れてるからというだけで起用するのは危険かなと思いますね。何て言うんでしょう、他の俳優さんよりも出れる作品を選ぶんですよね(本人が好き嫌い言ってるわけではないんですが)。なので今回のようにストーリーとキャストの実力が伴っているかを見極めることは必要だと思いますね。

スポンサーサイト

松山千春緊急入院!コンサート7公演中止

 歌手の松山千春(52)が25日未明、全国ツアーの滞在先で倒れ、緊急入院した。救急搬送された病院では『不安定狭心症』と診断され、急きょ、心臓の緊急治療術である『経皮的冠動脈形成術』が行われた。一命を取りとめたが、診断した医師によると絶対安静が必要だという。

 このため、6月27日の三重文化会館から7月11日の北海道厚生年金会館まで残り7公演を、すべて中止にして治療に専念する。

 所属事務所などによると、松山は先月スタートしたコンサートツアー2008「我家」で23日に福岡市で公演。翌24日には同市内で地元企業のイベントに出演した。その後、三重県で予定されていたツアー先への移動日だった25日未明に滞在先で体調不良を訴えたという

http://www.sanspo.com/geino/news/080626/gnj0806261436014-n2.htm


Tsanのコメント
 心配なニュースですね。千春さんは持病の糖尿病を意識しながら生活してきました。その一方でデビュー前に千春さんの恩師でもあるSTV札幌テレビ放送・ラジオディレクターの竹田健二さん(故人)から「酒、女、たばこ」のいずれかを断つように迫られてから酒は飲まないものの、自他共に認めるヘビースモーカーでもあるんですよ。そのあたりも今回の緊急入院につながっているのではないでしょうか。来月8日には千春さんの地元・北海道足寄町で開町100年記念のコンサートが予定されていて、実現すれば約20年ぶりの凱旋公演になる予定でした。
 今後ですがこれからのコンサート7公演の中止、ラジオ番組「松山千春on the radio」(NACK5ほか)については代役を立てて放送することが決まっています。千春さんの一日も早い回復をお祈りします。

映画「アフタースクール」は面白い

 今日は午前中に映画を観てきました。6月は2日公開の「僕の彼女は~」を皮切りに毎週水曜「メンズデー」には映画を観ようと決めてたんですが、なかなか思うように予定が行かなくて今日やっと観れたという感じです。もうすぐ6月終わっちゃいますよね(笑)。

 観た作品は大泉さん主演の「アフタースクール」。映画番組で出演者のインタビューを観たんですが、多くが明らかにされなかったところが逆に気になりました。これから観にいく人もいると思うんでやっぱり多くを語ることはできないんです。でも言えるところまで。

 一言でいうならズバリ「裏の裏をかいた作品」ということでしょう。「裏の裏=表」ということじゃないですよ。

《あらすじ》
母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っていた。
(Yahoo!映画)

 まずは神野の幼なじみである木村を探すんです。ここでつじつまが合うように話が進むんで、見てる側は納得しちゃうんですよ。最初に見たときは違和感を感じてたシーンが後々になって結びついてくるということは無いです。むしろ木村が見つかったところでTHE ENDだとありきたりすぎて面白くない。さぁそこからが面白いんですよ。「大どんでん返し」のスタートです。最初見たときに既に納得しきっていたシーンが実は違う意味を持っていたという2面性があるんですね。私も驚かされました。“2面性度合い”は「木更津キャッツアイ」の“●回表・ウラ”のような単純なものではありません。
 これが冒頭で「裏の裏をかいた作品」と書いた理由です。この作品には「1+1=2」という概念がありません。そうした概念を持ってる人こそ観ると面白いと思いますよ。

鼻より男子2(リターンズ)

 今度公開される映画のタイトルをモジってみたりする(笑)。
 ※「花より男子F(ファイナル)」より 

 今日はとにかく鼻がツラい一日でした。朝は羊さんのところで紹介されていた「ズームイン!!」の芸能コーナーをチェック。早くの綾瀬さん主演の次回作の話題が見れました。ところで素朴な疑問なんですが、「ザ・マジックアワー」の公開以降少し存在感が薄らいだように見えるのがちょっと寂しい「僕の彼女はサイボーグ」なんですが(※決してどちらがいい作品・悪い作品と言うわけではありませんからね)、関東圏では今でもスポットCMとかやってるんでしょうか?北海道は「マジックアワー」や「花より男子」のスポットCMばかり流れてるんですけどね。

 9時半頃に学校と街に用事があったんで家を出たんですが、外へ出てからというもの鼻水とくしゃみが止まらなくなりました。しかも暑くて散髪したばかりの頭から汗がダラダラ流れてくるんですよ。汗もダラダラ、鼻もダラダラ。これほど不快なものはないですね。

 んで家に帰って、点鼻薬と病院から貰った飲み薬の残りを探したところ、飲み薬だけはどこ探しても見つからなかったんです。症状が良くなったから途中で飲むのを辞めたことは憶えてるんですけどね。 周りは「父さんから風邪をうつされたんじゃないか?」と言われるんですが、父さんとは症状が違うし熱もないし、何より寒気がしないんで花粉症だと思うんですよね。最近はタンポポの綿毛とかがかなり舞ってるんで。
 北海道は花粉症と無縁な土地と思われがちですが、スギの木が無いというだけで“北海道限定”のシラカバ花粉症というのがありますから。シラカバ花粉に弱い人にとっては苦痛です。

 春先にお医者さんで薬もらって完治したと喜んだ最中にこれですよ。まさに「花粉症リターンズ」。飲み薬が見つからなかったんで市販の鼻炎薬でしのぐことにしました。



《今日の余談》
 昨日、若菜さん初めての小説「こぼれる」を買ってきました。

DSCF8361.jpg

 桜の柄がキレイなこの表紙は若菜さんの姉・かおりさんが描いたものなんです。早速読んでみました。いまは全体の半分のところを読んでます。これから買う人もいると思うんで多くは書けませんが、これまでいろんな役を演じてきた若菜さんらしく登場人物の設定が奥深いんですよ。「前半で出てきたこの人物が、後の部分でこういう形で出てくるとは...」という具合に。後はしゃべり過ぎそうなのでこのへんにしておきます。ぜひ手にとって読んでみてください。

 初めは小説ではなくブログ本を書こうとしていたらしいんですが、出版社の編集者さんが若菜さんの表現力を見抜いて小説を提案したというのだから、まるで先見の明のようなものを感じますね。
 
 

環境総合展2008

 昨日は札幌ドームで開かれた「北海道洞爺湖サミット記念・環境総合展2008」に行ってきました。道内外の産学官から333企業・団体が参加して、最先端の環境技術の展示や実演が19日(木)~21日(土)までの3日間行われました。

 レポに入る前にですが、つい先日「多大なエネルギーを使うエコ特番はやらないことが最大のエコでは?」なんてことを書きました。このイベントだって多くのエネルギーは使われています。それなら、やらないことが最大のエコでは?という見方もできるわけなんですが、出来るだけ環境への負担を少なくしようとこんなことが行われました。

①来場手段は公共交通機関・徒歩のみ
②会場内の空調温度を通常より高めに設定
③スタッフ衣装はトウモロコシなどから生成した自然繊維を使用
④有料の試乗会の収入は(財)北海道環境財団に寄付
⑤電力の一部にグリーン電力を使用


 この中で③~⑤は会場に居てもなかなか判りませんが、①②は確かにその通りで会場の往復はバスで行きましたし、外よりも会場内のほうが暑かったです。イベント、エコ特番をやるにはエネルギーの消費というのは避けて通れないので、環境への負担をできるだけ少なくするための試みって必要じゃないかなと思います。

屋内会場
 ステージで環境に対するトークイベントが行われたり、展示・実演が行われてました。各ブースでもただモノを置くだけはなくいろいろと趣向を凝らした体験型のものが多かったですね。例えばスタンプラリーになってたりとかパネルにクイズのヒントが載っていて、クイズに正解するとプレゼントがもらえるところもありました。エコバッグの配布をやっているブースも結構ありましたね。私の卒論テーマが環境に絡んだものなので、その資料に使えそうなパンフレットを片っ端からもらってきました。


屋外会場
 屋外の目玉はエコカーを見て・体験できること。燃料電池車や電気自動車などのエコカーを実際に運転もしくは担当者の運転で同乗できるんですよ。
DSCF8352.jpg

 三菱自動車の電気自動車「i MiEV」(アイミーブ)。CMで見たことある人もきっといると思います。各地の電力会社が試験用に保有しています。これは北海道電力所有のクルマ。実際に運転ができて試乗の人気も高かったです。

DSCF8358.jpg
バイオガス自動車
DSCF8351.jpg
これは普通のトヨタプロボックス(ガソリン車)
 道東の別海町役場が保有する「バイオガス自動車」。家畜の糞尿から発生したガスを燃料に走るクルマです。バイオガス⇔ガソリンの切り替えができるので長距離も走れます。

DSCF8353.jpg
トヨタの燃料電池車「FCHV」。燃料電池車は4メーカーから1車種づつ用意されました。

DSCF8355.jpg
このヴィッツは「有機ハイドライド水素自動車」といいます。水素とガソリンを混ぜて燃焼するエンジンを搭載しています。

DSCF8357.jpg
後姿で恐縮です。これは天然ガス自動車です。電気自動車と同様、運転することができて私も試乗しました。運転のフィーリングはガソリン車と何ら変わりありません。音はガソリン車よりも静かでしたね。LPGハイブリッド車やバイオエタノール車などもありましたよ。

 他にも屋外には「ベロタクシー」(自転車型タクシー)や「セグウェイ」の有料試乗コーナーがありました。ちなみにベロタクシーは大通公園周辺でも走り始めるようになりました。 

 午前中に入ったんですが屋内外のイベントやブースを見てるとあっという間で開場終了の16時ギリギリまで居ましたね。半日近くドームに居たことになります。

 

[訃報]3代目セーラームーン・神戸みゆきさん急死

 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」の3代目セーラームーンとして活躍し、映画「バトル・ロワイアルII」などにも出演した女優、神戸(かんべ)みゆきさんが18日午前4時8分、心不全のため川崎市内の病院で急死していたことが20日、分かった。24歳だった。

 神戸さんは平成12年上演のミュージカル「美少女戦士セーラームーン」のオーディションで約500人の中から主役の月野うさぎ役に選ばれ、芸能界入り。一躍人気となった。その後も映画「バトル・ロワイアルII」、ドラマ「仮面ライダー響鬼」など話題作に出演。体を張った演技は定評があり、「レ・ミゼラブル」降板後も製作の東宝から「体調が良くなったら来てほしい」とオファーを受けていたという。

http://www.sanspo.com/geino/news/080621/gnj0806210504015-n1.htm


Tsanのコメント
 最近の神戸さんは昨年2月に6月公演の舞台「レ・ミゼラブル」を体調不良を理由に降板。川崎市内の病院に検査入院してからは入退院を繰り返していました。ただ、今月9日に東京・渋谷区の事務所で社長と会った時には元気な姿を見せていたということです。
 以前からファッションへの興味が強く、古着をアレンジした洋服作りをしていたといいます。9日にも「自分のやりたいことは演技だけじゃなく、ファッションを写真で表現するような仕事もしてみたい」と語っていたものの、今週に入って体調が急変し緊急入院。親族が見守る中、静かに息を引き取ったということです。

 神戸みゆきさん。ミュージカルのセーラームーンに出ていたというのは知ってたんですよ。さらに調べてみたところ「ウリナリ新・芸能人社交ダンス部」のメンバーだったそうです。神戸さんは2001年、「芸能人社交ダンス部」がリニューアルされた際に加入。出演はこの年夏の大会までなので期間はそれほど長くないと思いますが、もしかしたらテレビで観たという人がいるかもしれません。
 さっき過去のB.L.T.を紐解いてみたら連載のコーナーがあったんで読んでみました。字の書き方はイマドキの子という感じなんですが、いつも元気を絶やさないような明るい人という感じに見えましたね。
 それにしても24歳という志半ばにしてこの世を去ってしまうというのは残念でなりませんね。

 謹んで神戸さんのご冥福をお祈り申し上げます
 
 

酒井若菜小説家デビュー作「こぼれる」本日発売!

 前からお知らせしていた、酒井若菜さんの処女小説(この表現はあまり好きじゃないんですが一般的なんで)「こぼれる」が本日発売となりました。

 書店でアルバイトする女性・雫、雫と不倫関係にある大介など登場人物それぞれの視点で物語が展開される。(夕刊フジより)

 夕刊フジに今回の小説出版の仕掛け人、春日出版編集者・岩崎輝央さんのインタビューが掲載されています(コチラ)。実は岩崎さん、浪人時代に若菜さんの写真集発売記念握手会に2度参加。若菜さんも岩崎さんのことを憶えてたそうなんです。

 まだ手に入れてないんですがとても楽しみです。

「ダビング10」7月解禁へ

  地上デジタル放送のコピー回数の制限を現在の1回から10回に緩和する「ダビング10」について、総務省の情報通信審議会の専門委員会は2008年6月19日、7月4~5日をめどに解禁する方針を決めた。著作権団体が、補償金の問題と「ダビング10」の開始を切り離すとのことで歩み寄った。「ダビング10」は08年6月2日に開始される予定だったが、デジタル放送の著作権者に支払う補償金をめぐり、電機メーカーが反発を強めたため、難航していた。
(J-CASTニュース)


Tsanのコメント
 デジタルビデオレコーダーのユーザーにとっては朗報ですよ。私の家にもHDDレコーダーがあります。でも、ほったらかすと一杯になるんでDVDに移すんですが、時間もかかるしまれにダビングが進まないこともあってこのときが一番ドキドキするんですよ。いまのところダビング中に番組が消えたということはないんですけどね。
 つい数日前に「ダビング10の開始がメーカーと著作権団体間で折り合いがつかずに開始が遅れる」という報道がされたばかりでまだかかるだろうと思ってたんですよね。昨年秋以降に発売された機種はソフトウェア更新で対応するそうです。残念ながら自宅にあるのはそれ以前に出たものなので、1回だけ移動可能の「コピーワンス」のままです。



《今日の余談》
 街で2回も会社員と間違われました(笑)
 今日は午後から街でセミナーがあったのでスーツを着ていきました。夕方にセミナー終了。夕飯は母さんが夜に出かけるということで外食することにしました。ラーメン屋に入り、ラーメンとチャーシュー飯、替え玉(麺のおかわり)と昼よりも豪華なメニューを食べた後に店を出ました。このときに店員さんから「お仕事帰りにお越しいただきありがとうございました!」と言われました。さすがに「違うんです」とは言えるわけも無く。
 次に狸小路を歩いてると、ポロシャツ・ズボン姿の母校の高校の先生を発見。「見回りですか?」と聞いたら、「いやこれから飲みに行くんだ」との返事。どっからどーみても生徒の見回りに見えるんですけど!んで先生から「仕事帰り?」と聞かれました。そのときはちゃんと「セミナーの帰りで...」と言いました。まぁ私の場合、編入学で1年長い学生生活を送ってるわけで、普通に四大出てる人は社会人1年生ですからね。でも2度も会社員と間違われるとは思いませんでしたね。来年の4月にホントの会社員になれるといいんですけどね。
 

八田亜矢子徹夜で勉強?で寝坊、番組欠席

 東大生タレント八田亜矢子(24)が19日、レギュラーを務める日本テレビ系朝の情報番組「ラジかるッ」(月~金曜午前9時55分)を寝坊で欠席した。予定では午前9時にスタジオ入りだったが番組が始まっても現れず、電話連絡も取れなかった。
 同番組のサブキャスターで、昨年12月11日に自らも45分間遅刻した“前科”のある宮崎宣子アナウンサー(28)が「前夜、深夜0時くらいまでスッポン料理を一緒に食べていた」ことを証言。午前11時近くになって連絡が取れた。中山が「今、品川から向かってます」と説明したが、午前11時20分の番組終了に間に合わなかった。
 八田は、番組後の反省会の場に現れ、他の出演者たちに「申し訳ありません。今後は、このようなことがないようにします」と謝罪した。所属事務所のセントフォースでは「今日の試験に備え、会食を早めに切り上げて徹夜で勉強していたのですが、そのまま眠ってしまい、寝坊してしまったようです。申し訳ありません」と説明した。
(日刊スポーツ)


Tsanのコメント
 不思議に思うのが出演者の遅刻が「めざましテレビ」や「朝ズバッ!」などが放送されている早朝帯の番組ではなく、朝のワイドショーが終わった10時台に目だってることなんですよね。「なるトモ!」(読売テレビ)でも2006年に陣内智則さんが新幹線を乗り過ごして遅刻したということがありましたし、「ラジかるっ!!」について云えば日テレの宮崎アナ、タカアンドトシのタカさんがそれぞれ2回以上寝坊で遅刻してます。1回くらいならまだかわいいものかもしれませんが、さすがに2度3度も続いたり、番組出演者の遅刻が常態化しているのは視聴者(といっても北海道では放送されてませんが)からすれば「本当に番組ヤル気あるのか?」と言わざるを得ませんね。前日は会食と試験勉強でハードなスケジュールだったという八田さん。無理は禁物です。



酒井若菜情報
 3月に関東地方で放送されたスペシャルドラマ「フキデモノと妹」の道内放送が決まりました。

 HTB北海道テレビ 6月20日(金)25:40~

 明日の夜中です。お間違いなく。



《今日の余談》
 こないだの小樽の続きです。風呂上りにレストランで「アイスコーヒー」を頼みました。アイスコーヒーにはガムシロップがついてきますが、1杯だけなのに2個ついてきました。もちろん「2個ください」と言ったわけではありません。まずは一個だけ入れてストローでかき混ぜて飲んでみました。「何だ、甘いじゃん。」しかし、さらに混ぜていくと甘いところと甘くないところに分かれてることに気づきます。コーヒーと一緒に入れてある氷がジャマをしてるみたいです。コーヒーが半分なくなったところでもう一個のガムシロップを入れました。さっきまで苦いだけのアイスコーヒーがまた甘くなりました。こういうことがあってかたまたまなのか、ガムシロップが2つ付いて来た理由を自分なりに納得したのでした。

 話は変わって。春ドラマも先週末あたりからクライマックスに突入。前クールに続いて予約数のグラフを毎週つけているんですが、ずっとベスト10圏内に居続ける作品、逆に2話以降で力尽きて圏外へダウンした作品とが半々になっています。“後出し”スタートの月9「CHANGE」もランクに影響を及ぼしています。また「ひとこと講評」をやりますのでお楽しみに。
 

1000円ウニ丼を求めて

 先週末、小樽に行ってきました。
DSCF8322.jpg
札幌~小樽は安く・本数が多い高速バス「おたる号」で移動。これは「ロイトン札幌」というホテル。ロイトンとその隣りの厚生年金会館は最近合説でよく足を運ぶところです。いやぁ、この建物の前を通ると鬱になるね。 

DSCF8324.jpg
札幌西ICから札樽(さっそん)自動車道へ。これは多分手稲区内だと思います。札樽道は山あいを、JR函館本線は海すれすれを走ってます。

DSCF8326.jpg
札幌と小樽の市界付近。札幌には海がないので、海が見えてきたらそれは小樽市か石狩市の海岸です。

DSCF8331.jpg
朝里付近。

 55分で小樽に到着。まず「1000円ウニ丼」というのは雑誌「北海道ウォーカー」の企画で、札幌・小樽・積丹町内の協賛店舗に北海道ウォーカーを持参すると、ミニ生うに丼が期間限定(一部の店は数量も限定)1000円で食べれるという神のような企画です。ちゃんとしたうに丼は後で積丹に行くときに食べれるだろうからまずは軽く食べておきたかったんです。

小樽運河
DSCF8333.jpg

DSCF8334.jpg

 食事処は小樽運河近く。開店まで時間があったんで運河周辺を散策してみました。この日は天気に恵まれて観光客も多かったです。ってかここの画像、最近も挙げてたような...。

DSCF8335.jpg

 運河の橋のたもと(「出抜小路」の辺り)にこんなものを見つけました。「ふれあいの泉」という共同の水道。小樽にはかつてこういった共同の水道が各所にあったそうです。ここまでならごくありきたりなんで、今回はもう一歩奥へ足を運んでみました。

DSCF8340.jpg
運河周辺の地図(ファイル大きめです)を用意してみました。ぜひサムネイルをクリックしてください。一般に広く知られている小樽運河はこの地図の下側。その先といえば港しかないんですが足を運んだ覚えがなかったんで、「その先は何もないよ」という運河で客待ちしていたタクシー運転手さんの忠告を無視して第2号埠頭へ行ってみました。この地図の赤く塗りつぶされている部分は立入禁止です。

DSCF8337.jpg
うん。確かに何もない。右側に停泊しているのは海保の船です。

DSCF8339.jpg
さらに歩いて撮影したのがこれ。対岸はいつも利用している「湯の花」がある手宮付近だと思います。釣り場になってるみたいで竿を出している釣り人の姿がありました。

 運河のほうに戻り、「すし処きた浜」というところに行きました。早速、ミニ生うに丼を注文して待つこと10分。待望のミニ生うに丼がやってきました。
DSCF8348.jpg
雑誌から拝借。

 小さな丼にびっしり敷かれた錦糸卵。その上に生うにが申し訳程度に鎮座。でも1000円でうに丼を提供してくれるという太っ腹ぶりに感謝しながら心して味わいました。小さくても大切に食べれば物足りないことは無いんです。食後にはアイスクリームまでついてきました。うに丼に味噌汁とアイスまでついてこのお値段。食べる側はただただ頭が下がります。

 食後は徒歩で小樽駅前まで戻って朝里川温泉へ行きました。いつも小樽で温泉に入るときは中心部から近い手宮の「小樽天然温泉湯の花」と決めてるんですが、浴槽は立派なものの塩素臭がきついのが玉にキズで...。
 
 朝里川温泉には湯の花から立派なホテルまで7軒ほどあるんですが、そのなかで奥のほうにある「かんぽの宿小樽」というところに到着。日帰り入浴が500円と安いんです。風呂は「主浴槽・超音波風呂・露天風呂」と湯の花のバラエティに比べると至ってシンプル。掛け流しでもなく消毒もちゃんとやってるんですが湯の花ほど塩素臭はきつくなかったです。宣伝になりますが、土日は1000円で入浴+昼食+デザートバイキングがセットになった日帰りプランもあります。デザートバイキングは単品でも利用できますが、ケーキはビュッフェにありがちな小さいケーキなんであまり期待しないほうがいいかも。

 帰りは父の日のプレゼントに「若鶏時代なると」の若鶏からあげを買いました。ここは若鶏の半身をまるごと素揚げしているのが特徴。父は多くを語りませんが小樽方面へ釣りにいったときは必ずといっていいほど買ってくるんできっとお気に入りなんでしょう。なるとの若鶏からあげについてはここもチェックしてくださいね。
 揚げたてを頂いて荷物がかさばらないようにとカバンに入れたんですが、なかなか熱が冷めずにカバンに一緒に入れてたMDやデジカメが過熱したかのように温まってました。危険ですね。家に着いてカバンからからあげを出すと香ばしい匂いが広がりました。出してから2日経つんですが
未だにカバンの匂いが取れません!!(T_T)



《今日の余談》
 昨日、パナソニックのホームページを見てたらこんな製品を発見。
DSCF8350.jpg

 「ビエラ・ワンセグ」というポータブル液晶テレビ。6月下旬に発売予定。ワンセグのほかSDカードの音楽、画像が見られるそうです。お風呂・キッチンでも使える防水仕様がウリということでバスタオルを巻いた綾瀬さんがイメージキャラクターなんですよね。早速電器屋さんでカタログもらってきました。ホームページも同様のが載ってますよ。
 欲しいトコなんですけど、私の部屋にはテレビを観れる機器が4つもあるんでこれ以上増えると家族から怒られそうです(笑)。

最新芸能ピックアップ(6/14)

 「13日の金曜日」という記事をずっと最新記事にしておくのは不吉なんで、今日はTsanが注目する芸能情報をまとめた「最新芸能ピックアップ」をお送りします。

藤木直人 ケンカ最強頼れる金髪アニキ!
 俳優の藤木直人(35)がフジテレビ「シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~」(7月8日スタート、火曜後9・00)にイメージチェンジした金髪姿で登場する。
 小池徹平(22)演じる超童顔の熱血刑事・柴田竹虎と、個性的な仲間や同僚刑事らが「チーム・シバトラ」として少年犯罪に立ち向かう痛快コメディー。藤木は竹虎の頼れる兄貴的存在で、ケンカ最強の元不良集団のヘッド役。
 黒いサラサラヘアの好青年イメージからの大変身に、ロケ現場を見物していた人々が藤木とは気付かなかったほど。「僕の性格的に普通の生活をしていたら金髪にすることは絶対ないので、とても新鮮です」と意気込んでいる。
(スポニチより)


Tsanのコメント
 画像はまだ公開されてなかったんですが、これまでの藤木さんのイメージからは想像つかないですよね。それは始まってからのお楽しみということなんでしょう。竹虎役の小池くんの写真はどこかで見ました。いかにも童顔って感じでした。


NHKから民放まで“エコ大合唱”のやり過ぎ
 NHKから民放まで、テレビ局はどこもかしこも「エコ」の大合唱だ。 NHKは8日まで3日連続で「SAVE THE FUTURE」という環境特番を放送。6日は環境ドラマ。7日からは藤原紀香をメーンパーソナリティーに迎え、地球温暖化、エコライフをテーマにしたトーク番組を生放送した。
 日本テレビも8日までの1週間を「日テレ―Ecoウィーク」と位置づけ、8日は「Touch!Eco 2008 明日のために…55の挑戦?スペシャル」という特番を13時間にわたり放送。週末は汐留で環境のイベントも開催した。
 フジテレビは先月の「FNNスーパーニュース」で“スーパーエコ住宅”を紹介していた。
 とにかく、猫も杓子もエコ、エコ、エコ……。環境問題が大切なのは分かるが、こうもエコ番組ばかりではウンザリ。
(ゲンダイネットより)


Tsanのコメント
 “灯台もと暗し”とはこのことですね。エコをテーマに取り上げるのはごもっともですが、「番組を放送しないこと」が何よりのエコだと思うんですけどね。しかも1日~3日間という長い期間で放送に費やされるエネルギーといったら...。「この番組は太陽光発電の電力で放送しています」とか言うなら少しは変わるのかも知れませんが。私ですか?エコ番組には目も暮れずに“普通の番組”を見てましたよ。テレビ局の皆さん。来年からは同じ期間を使って放送終了時間の繰上げとか(深夜1:00終了とか)いかがですか?



《今日の余談》
 冒頭で“不吉”と書いたのは皆さん既にご存知と思いますが、今朝岩手・宮城を中心とするマグニチュード7.2(本震)の「岩手・宮城内陸地震」が起きたからです。私は運転中で気づきませんでしたが、自宅に居た人によると札幌でもかすかな揺れを感じたそうです。
 また明日は綾瀬さんが映画の舞台挨拶で東北方面を訪れる予定になってるんですよね。(※中止が決まりました)おそらくまだ現地に向かわれていないとは思いますが影響が出ないか心配ですね(余計なおせっかいかもしれませんが)。

 被災地の皆さん。体調にはくれぐれもお気をつけください。
 心よりお見舞いを申し上げます。

13日の金曜日

 ども。暑い日にミスドでホットカフェオレを頼み、寒い日にスムージーフロートを頼んじゃう男、Tsanでございます。ちゃんと理由はあるんですけどね。おかわり自由だからとか、安かったからとか。

 今日は皆さん13日の金曜日でございます。カレンダーを見たんですが、今年の13日(金)は今日だけのようです。しかも私の場合、某番組の占いランキングでワーストという不安要素アリアリな一日を送るという暗示が出ました。どうなるんだろ。

 今日の予定は午後からの会社説明会のみ。事前に電話申し込みしたんですが、そのときは単に日程が近かったからという安易な理由で決めたんで、まさか13日(金)とは思ってなかったんですね。しかもその会社。だいぶ前に一人で会社訪問したところです。正直そのときは会社の中を見てもどんな感じなのかというのが正直わからなかったんです。今日は段取り的には会社訪問と同じだったんですが、先輩社員の方がざっくばらんに語ってくれたんでイメージが膨らみましたね。この会社もなんか楽しそうって気がしてきたし。人事の人も以前に逢ったときは堅そうなイメージがあったんですが、意外ときさくな一面も垣間見れましたし。

 そんなわけでいま我が家にいるわけですが、特にこれといった不幸なエピソードはありませんでした。

 じゃついでにここ数日の私の近況でも。

9日(月)
 今週前半は合説が3つ続きました。最近は企業探しよりはアドバイザーさんの就活に関する講演に足を運ぶことが多いです。この日のセミナーがこれまでで一番役に立った気がします。簡単に云えば「熱意」の伝え方ですね。面接でアガってしまうと顔に出てこないんで例えイイことを言っていても、あまり伝わらないみたいなんですね。これをもう少し早くに知っていればかつての本命も善戦してた気がしてなりませんね。後の祭りですが。

10日(火)
 この日も講演目的で合説に参加。講演は以前に聴いたことのある内容もかなりあったんですが、前の講演の内容を忘れかけた頃に、再度聴くとまたモチベーションが上がったりします。就活のモチベーションを保つ意味でも合説に参加してたりもします。

11日(水) 
 翌日は某企業の試験日です。5月に試験を受けた企業はなかったんで約1月ぶりの受験を控えてます。この日は合説に参加しつつ模擬面接もお願いしてきました。2~3度やってもらいました。模擬面接は自信つきますね。一字一句暗記するわけでなくて自分の頭の中から言葉を導きだすわけですから。
 合説に行く前にCDを借りに行きました。映画「僕の彼女はサイボーグ」の挿入歌になってるHi-Fi CAMPが唄う「キズナ」という曲。映画の中でこの曲が掛かってるシーンが個人的には好きかな。先週末から近所のレンタル屋に足しげく通ったものの入る気配がなかったんで、わざわざ遠くのTSU●AYAまで行って借りました。主題歌の「約束の翼/MISIA」は明日14日からレンタル開始予定です。

Hi-Fi CAMP 「キズナ」



12日(木) 
 約1ヶ月ぶりの試験受験。でもいつもほどは緊張しませんでした。
 事前に試験は適性と面接のみと聴いてました。しかし、当日になってグループディスカッション(GD)も追加されることに。聞いてないよ!!GDはあるテーマについて受験者同士で討論して時間内に一つの結論を導き出すというもの。一度模擬でやったきりなのである意味初めて。もしかしたら就活生も見てるかもしれないんでワンポイント。GDのポイントは

「相手を論破するのではなく時に折れてやることも大事」

 模擬でやったときにそう感じましたね。最初のうちは独創的な意見もアリだと思いますが、それをいつまでも押し通そうとすると結論がまとまりにくくなりますからね。ある程度意見が出て固まりそうになったら例え自分が違うことを思ってても、グループ内で大勢を占めてる意見に乗っかることも必要だと思いますね。

 GDの後に個人面接もあったんですが一人10分前後しかなかったんである種、集団面接に通じる短さを感じましたね。4人で25分、1人で10分。どっちもどっちか。結果が心配です。



[訃報]水野晴郎さん死去…肝不全、76歳

 「いやぁ、映画って本当にいいもんですね」の名ぜりふで親しまれた映画評論家の水野晴郎=みずの・はるお=(本名・山下奉大=やました・ともひろ)さんが10日午後3時5分、肝不全のため都内の病院で死去したことが11日、分かった。76歳だった。昨年、転倒して骨折して以来、入退院を繰り返していたが、2日前から危篤状態に。病床では、監督・主演を務めた「シベリア超特急」シリーズなど、最後まで映画のことばかり考えていたという。
http://www.sanspo.com/geino/news/080612/gnj0806120504015-n1.htm


Tsanのコメント
 水野さんと言えば「シベ超」の監督・主演のほかに「金曜ロードショー」(日本テレビ系)の解説でも御馴染みですね。水野さんは1997年まで同番組の解説を務めていました。民放の映画番組がほかに2本ありますが、初めに解説コーナーを廃止したのが「金曜~」でした。その翌年からはテレビ朝日「日曜洋画劇場」から故・淀川長治さんが居なくなり、テレビ東京系「木曜洋画劇場」も2003年に解説者制を廃してしまい解説者が“前説・後説”する番組が自然消滅してしまいました。 
 10数年前に録画した「金曜~」のテープが今でも我が家に残っています。作品は「となりのトトロ」。最近は全く見ていませんが、水野さんの解説を聴いてはこれから始まる作品へのワクワクを子供ながらに感じたものです。最後のほうには宮崎駿監督との対談も入ってたと思います。
 また意外に思ったのが警察マニアとしての一面。国際警察官協会の日本支部会長を務められていて、警察学校で講演していたこともあったそうです。「ザ・ワイド」で確か海外の架空の警察組織から不正な請求が届くという事件だったと思いますが、そのときに水野さんのコメントが放送されていました。アメリカの警察制度についての説明でしたね。
 最近、映画を心底ほめてくれるような人が減ったとつくづく思いますね。水野さん然り、淀長さん然り。映画の番宣のように無理にベタ褒めするのではなく、自分の等身大の言葉でその作品の良さを語ってくれる人。その一方で映画を辛口で評論する人々のほうがむしろ際立ってきたようにも思えます(敢えて名前を挙げるまでも無いと思いますが)。そういう人々の存在が良い悪いということはありませんですが、一方に傾きつつあるようなのはどうなのかなという気がします。

 謹んで水野さんのご冥福をお祈り申し上げます
 

ユメイロ。シネマ倶楽部

 サイドバーで近日と紹介した「ユメイロ。シネマ倶楽部」(HBC北海道放送)ですが、今日の深夜放送分に綾瀬さん&小出くんがインタビューで登場します。

北海道中央バス、札幌市内9路線26系統廃止

◆資料画像
cb_shiroishi.jpg
廃止対象となった川北地区を運行する北海道中央バス(札幌・白石区内)

 北海道中央バス(小樽市)は十日、白石区や厚別区を中心とする札幌市内九路線を十二月末で廃止する方針を決めた。このうち七路線は二〇〇一年に経営難の札幌市営バスから移管されたが、赤字が続き継続は困難と判断した。これらの路線では一日約四百八十便を運行し、通勤通学客を中心に延べ一万人が利用。代替路線がほとんどないことから住民生活に多大な影響が出そうだ。

 同社は二〇〇〇年以降、六十三路線あった札幌市営バスの受け皿として三十三路線を引き受けたが、このうち二十五路線が赤字。札幌市の補助金制度が財政逼迫(ひっぱく)で〇六年度から厳格化されたことから「民間として多額の赤字路線はもはや維持できない」(平尾一弥社長)と判断した。

 札幌市は、路線維持のための補助金制度は公平でなくてはならないとの原則などを挙げつつ、「路線廃止は非常に残念。代替のバスを運行してもらえるよう他の事業者と協議していきたい」(市民まちづくり局)と話している。
(北海道新聞)


Tsanのコメント
 今日はローカルネタですが道外の人にも知って欲しいと思います。もしかすると地域によっては「明日はわが身・・・」と思っている人もいるかもしれません。
 バス路線が廃止の憂き目に遭うというのは地方の町村の話で、まさか交通網が整っている北海道の中心都市・札幌でも同じことが起こるとはなかなか想像つきにくいですよね。私も今朝の朝刊でこのことを知って驚いてます。
 今回廃止になる地区について説明します。札幌市白石区は札幌の東にあり中心部から地下鉄で10分ほどのところです。区内は南側の国道12号線やJR函館本線・千歳線が走ってる南郷や本通といった地区は住宅・工場・商業施設・役所もあって栄えてるんですが、東側の川下・川北といった地区は平野や農地の中に町工場や個人宅、高校や福祉施設が点在していて過疎地同然。
 今回廃止となる路線は地下鉄駅・札幌都心と川下・川北など区東部を結んでいる路線。もともと札幌市が「市営バス」として運行していたものを経営改善策の一環として北海道中央バスに移譲した路線です。

 私も機会があってこの地区のバスに何度か乗ったことがあるんですが、席が全て埋まった状態で駅を出発しても、終点になると数人(下手すると私だけということも)しか乗ってないという感じです。でも途中まではそれなりに乗ってるような印象があったんで、まさか廃止になるとは・・・というのが正直なところです。
 この会社が運行している赤字路線に対する“経営努力”というと、まずは給与体系の異なる子会社に「運行委託」(※見た目は「中央バス」のまま)。改善しなければ「減便」。さらに赤字が出続けるようであれば「路線廃止」という流れでいくことが多いです。ただこの流れに拠らずいきなり「廃止」のカードを切るということはやはり路線移譲時からあった札幌市とバス会社との確執にあるんですかね。
 バス会社は路線を引き継いだときに市から補助金支給を受けてきました。さらに東区・北区内の市営バス路線を引き継いだときは補助金に加えて営業所建物の無償貸与も受けていたんですが、2006年に営業所建物の無償貸与が打ち切りに。また補助金制度も厳格になりバス会社からしてみれば補助金が足りず、赤字額も増えました。札幌市とバス会社は何度か協議したものの、市も財政難で折り合いがつかず打ち切りに。業を煮やしたバス会社は“最後手段”として今回の路線廃止を決めたものと見られます。
 今後ですが今週後半にバス会社が説明会を開いて地域住民に理解を求めることになりますが、理解を得るのは非常に難しいと思われます。市は「他の事業者と協議していきたい」というコメントを出していますが、市内のほかのバス会社も北海道中央バスと同様に旧市営バス路線を引き継いでいるので、さらに路線を引き継ぐことに難色を示すことでしょう。ただ、路線が廃止されると区東部への公共交通手段がまるごと無くなることになり、途中までの利用客や沿線の高校通学への影響が大きいので、おそらく市が妥協案を提示してくるのではないかと見ています。
 札幌市内のバス存廃問題は今回が初めてではありません。4月にも別の会社が利用者減を理由にバス事業からの撤退を発表しましたが、翌日に発表を撤回し運行継続することを発表しています。
 

YOSAKOI閉幕

 今日の札幌は夏のような暑さでした。
 昨日、「YOSAKOIソーラン祭り」がファイナルを迎えました。私は結局観れずじまいでしたが。
 今年は「平岸天神」が、5連覇を狙う「新琴似天舞龍神」から大賞を奪還し5年ぶりに返り咲きました。また、女優・黒木メイサさんが今秋放送のフジテレビ系ドラマのロケのため、旭川のチームの踊り子として参加。しかもそのチームが準優勝に輝いたというから2度ビックリです。桟敷席には共演の中井貴一さんの姿もあったとか。詳細


機材の撤去が着々と進む。(札幌・大通公園)

 祭りから一夜明け、大通公園では祭りの後片付けが行われてました。札幌もようやく夏本番です。近年では「北海道は涼しい」というのはもはや過去の話になりつつあります。昨年のような猛暑にならないことを祈りたいですが。

 

きょうの出来事(6/8)

 今日は平取町というところに行って来ました。
 場所はコチラ。札幌から約2時間。苫小牧から約1時間の距離にある日高地方西端のマチです。

 平取町の町花はスズランなんですが、そのスズランを愛でようというイベントが今日出かけた「すずらん鑑賞会」です。“鑑賞会”ってのもどこか地味でなんか他にいい名前が無かったのかと思ったんですが、祭りほど盛り上がるようなものではないんで鑑賞会でいいのかな。

 場所は町界からさらに30~40分の芽生(めむ)地区にある群生地です。町に入ったからかなり走らされたのが意外でした。それだけ広い町なんです。

DSCF8297.jpg
これ全部スズランです。

DSCF8310.jpg

DSCF8304.jpg
花とほぼ同じ高さから撮ってみたんですが他の葉がジャマになったりして意外と難しいんです。

 群生地は周囲を囲むような遊歩道になっています。土産物コーナーの前からスタート。さわやかな匂いがするんでココの香水かと思ってたんですが、スズランから放たれたものでした。まさに“天然の芳香剤”。歩いてて気持ちよかったですね。道の真ん中で立ち止まり一眼レフのカメラでスズランの花を接写してた人が多かったですね。私は一眼レフを扱えるほど達者ではありませんが。

 群生地を周った後は隣接のバーべキューコーナーへ。鑑賞会期間中の週末だけバーベキューコーナーが設けられ、特産の「びらとり和牛」を焼肉で頂くことができます。実はこっちが本日のメインだったりします。「花より焼肉」ということで。
DSCF8320.jpg

 札幌でも売られてるんですが“高嶺の花”でなかなか手が届かないびらとり和牛を存分に食べられる幸せ。贅沢です。

 群生地から20~30分走って「びらとり温泉」で一休み。びらとり和牛を使ったメニューや肉の直売もあります。

ニシパの恋人・トマトジュース
DSCF8321.jpg

 地元産の桃太郎トマトを使った100%ジュース。トマトと塩(※有塩のみ)以外のものは入ってないんでクセが無くて飲みやすいです。小さい頃から飲み続けてます。今は肉料理のとき、野菜不足を補うために飲むようにしています。以前は有塩しかなかったんですが、最近になって食塩無添加のものも発売されました。
 


ミニ情報
 日高地方を旅するときは車がオススメ。交通手段は海岸線に沿ってJR日高本線、内陸に向けては道南バスが走ってるんですがどちらも本数が少なく、今回の平取町もバスでの日帰りはかなり厳しいところです。自家用車や新千歳空港でレンタカーを借りて移動したほうが効率よく周れますし、無料で通行できる「日高自動車道」や内陸を抜ける道道など道路網が充実してます。

NHK新ドラ「乙女のパンチ」

 今日、NHKを観てたら木8新ドラマの告知スポットをやってました。
 「乙女のパンチ」という作品。“乙女”って誰のことかと思い多少ワクワクしてたんですが、南キャンの「しずちゃん」と判明。しずちゃんってドラマ・映画では本名の山崎静代で出ています。う~ん。個人的には上戸彩のようなスポコン系ヒロインを期待してたんですが,,,。
 この作品。女子プロボクシングの世界を描いた作品で、しずちゃんはヒロインの女子ボクサー役だそうです。しずちゃんのライバル役は黒谷友香さんが演じます。放送開始が再来週だというのに公式サイトが出来てないんで情報はこの程度しかありませんでした。しずちゃんのドラマといえば2年前のクリスマスに放送された「笑える恋はしたくない」(TBS系)というのがありましたが、エレベーターガール役というあまりに不自然な役回りだったせいか、しずちゃんの出てる部分だけ「コントでもないけどドラマでもないよな」という変な感想を持ちましたね。今回のボクサー役には不自然さはあまり無いですけどね。



《今日の余談》
 昼に某高校近くの中華料理店に行ってきました。何を食べようか迷ったんで壁に貼ってあった「学生チャーハン」の安さ(550円)に惹かれて注文。安いということは量もそれなりで足りなかったら餃子でも追加しようかと思ってたんですが、数分後運ばれてきたのは大皿に山のように盛られたチャーハンでした。そう、安い値段で腹いっぱい食べてもらおうという「サービスメニュー」だったんですね。そこまで腹が減ってなかった私は正直悶絶されました。
 とはいえこのチャーハンを完食すべく、チャーハンの山にスプーンを突っ込みました。敢えて「残す」という選択肢を選ばないところが私らしいですが。チャーハンだけじゃ先へ進まないんで時々水や付け合せのスープを口に含みながらで15分くらいで米粒一つ残さずに完食できました。○分以内に食べたらタダとかいうのは無いんで時間は特に関係ありません。腹がきつかったですね。夕飯もあまり食べれなかったです。量に悶絶されましたがチャーハンの味は最高でしたよ。

 明日は日高の平取町というところに行く予定です。



 
 

「クッキングパパ」山口智充主演ドラマ化

 「週刊モーニング」(講談社)に25年にわたり連載されている、うえやまとち(54)の人気漫画「クッキングパパ」が、フジテレビ系で山口智充(39)主演で初めてドラマ化されることが分かった。1984年(昭59)の連載開始から今年1月には1000回を突破。今月23日には第98巻の単行本が出版される。物語の舞台、福岡のテレビ西日本開局50周年記念特別番組として、8月29日に放送される。
http://news.www.infoseek.co.jp/entertainment/story/05nikkansfettp00806050016/


Tsanのコメント
 クッキングパパ、懐かしいですね。いまも連載は続いてるんですが、この作品を知ってますという人はいるでしょうか?アニメ化されたのが1992年(~1995年)なので、今から16年も前になります。どんな内容だったかは憶えてないに等しいんですが、キャンプで主人公の会社の同僚がやきそばの麺を間違えて普通のおそばの麺を買ってきてしまって、それを主人公がうまく料理してたという話だけは憶えてます。それくらいインパクトがありましたね。アニメを見てた当時はまさかドラマ化されるとは思ってませんでしたね。主演がぐっさんというのはまぁいいんじゃないでしょうかね。頼れる兄貴的なキャラですから。欲をいえばさらに多少のコワモテさも併せ持ってる俳優さんが理想ですけど、思いあたる人というのも出てきませんし。



酒井若菜情報 
 20日に発売される小説の詳細が出ました。詳しくはコチラ。「妻子ある男性との不倫関係を描いた切ないラブストーリー」という初小説からかなり衝撃的な内容になってます。

 また、サイドバーでお知らせしていた「SPA!」の発売日が決まりました。次号(6/10発売)の松尾スズキさんのコーナーに登場するそうです。

全国ネットから2ヶ月・・・“ナニワのみのもんた”の評判は?

 3月末から関東広域圏の「日本テレビ」でも放送がスタートし、全国ネット番組となった「情報ライブ・ミヤネ屋」(読売テレビ)。日テレでの放送開始から2ヶ月経った今、司会の“ナニワのみのもんた”こと宮根誠司の関東での評判やいかに。

東  京  知ってる:2名  知らない:28名
大  阪  知ってる:59名 知らない:1名
名古屋  知ってる:25名 知らない:5名

(番組調べ)

Tsanのコメント
 東京と名古屋は30人、大阪だけ60人から調査してますが、大阪では知名度が物凄くあるのは言わずもがなですね。傾向から言うと“西高東低”になってます。それにしても東京で知ってる人がたったの“2人”というのは悲しいですね。あとの28名は何を観てるんでしょう?
 名古屋(中京テレビ)で放送が始まったのは他地域と同じ昨年10月からなんですが、「ザ・ワイド」終了前からPRを続けてきたせいか知名度が高くなっています。関東の“知名度不足”には関東・関西のテレビ文化の違いなど様々あると思いますが、一つ挙げるならば関東地区の放送時間の短さでしょうね。
 日テレは14時台のみの放送なんですよね。北海道もスタート当初は14時台の1時間だったんですが、正直1時間じゃ番組の良さが伝わりにくい。関東での放送当初にも書いたんですが、14時台って「ザ・ワイド」の前半部分のスジを引き継いでることもあってどちらかというとお堅い内容なんですよね。それに対し15時台になったら宮根さんも弾けるしコメンテータの方々も自分の専門外問わず素が出てきますから。いつも見てる人はわかると思いますが、14時台最後のニュースコーナーで丸岡キャスターに絡む宮根さんのノリがそのまま15時台に移行してるようなもんですよ。それくらい軽快です。
 日テレで15時台に放送されている「アナパラ」は、裏番の「2時っチャオ!」(TBS系)や再放送ドラマにも苦戦してるそうで関東でもミヤネ屋の2時間化を求める声があるそうです。
 

ワィド世論調査のお願い

 以前やってみてあまりウケが良くなかったアンケート企画を復活してみました。
 
 今年は綾瀬さんが主演もしくは出演される映画が続々公開されるのは皆さんご存知だと思うんですよ。今年公開される4本のうちであなたが注目している作品。もしくは「4本の中でこれは特にヒットしそう!」と思ってる作品はどれなんだろうとふと思いましてね。
 甲乙つけがたいという人もきっといると思うんで「強いて言うならばコレ...」とか「観たら面白かったんでいまのところはコレ!」というのでもOKです。奮ってご参加ください。

※投票のルール※
①一人一票。二重投票は厳禁です。正確な計測が出来なくなるんで間違っても時差で4本全てに1票づつ投票しないようにお願いします。
②コメント欄は任意です。もし何かあればご記入ください。
③一人でも多くの投票をお待ちしています。期間は特に決めません。ある程度のとこで締切ります。

※投票フォームはサイドバーの「明日のために、いま知っとこ」と「綾瀬はるかinfo」の間にあります。

皆さんのご協力をお願いします

金子貴俊が結婚・入籍 ブログで報告

 俳優の金子貴俊(30)は3日、公式ブログ「遊心今楽」でスポーツインストラクターをしている女性と入籍したことを明らかにした。

 ブログによると、入籍したのも3日。お相手の女性の詳しいプロフィールは明らかにしていないが「友人との食事で知り合い、交際が始まりました」とのこと。「結婚をするにあたり、苦しい事、辛い事があるという事を視野に入れ、互いに努力していけるパートナーです」と堅実な結婚観で結ばれたことを報告している。

http://www.sanspo.com/geino/news/080603/gnb0806031554001-n1.htm


Tsanのコメント
 金子貴俊さん。たぶんご存知の方もいらっしゃると思いますが、映画の「ウォーターボーイズ」で女の子っぽいシンクロ部員を演じてた方です。金子さんを最近テレビで見る機会がありました。HTB北海道テレビ製作の道内ローカルで放送されている「素晴らしい世界」という番組に金子さんがゲスト出演されてたんです。コーナーの中で金子さんが占い師の方に占ってもらうという企画があったんですが、そこで「今年結婚相手に出会う!」と言われていたんですよね。まさか「本当に当たるとは!」と本人も思ってるんじゃないでしょうかね。



《今日の余談》
 親指が痛い! 
 今日の午前中に一階の居間の壁に火災警報器の取付をやってたんですが壁に下穴を開けるとき、ドライバーに力入れて廻したせいか爪と親指がくっついてる部分の肉が一部剥がれちゃったんですね。ちょっとした深爪みたくなって痛いです。
 前回の天井取付は石膏ボード面だったからかそれほど苦労しなかったんですが、今回はベニヤ板面に取り付けるということでドライバーがなかなか入らずに“大工事”になってしまいました。

 話題変わって。最近ドコモ北海道のCMが新しくなりました。全国版では成海璃子さんや松山ケンイチさんらが出てますが、ローカル版はTEAM-NACS(森崎博之・安田顕・戸次重幸・大泉洋・音尾琢真)が出演しています。
 CM動画はこちらで見てもらいたいんですが、NACSの振り付けが昔のドリフのエンディングを見てるかのようで新しいのにどこか昔っぽくみえるんですよね。特に真ん中に立ってる森崎リーダー(※NACSのリーダーは間違っても大泉さんではない)なんか生前のいかりや長さんとダブるんですよね。「次、行ってみよう~!」とかやっても違和感なさそうなくらい。
 
 また話題変わって。昨日から若菜さんが“客演”を務めるラジオドラマ「小さな奇跡」がスタートしました。昨日は録音したんですが今日はリアルタイムで聴けました。若菜さんの演じてるのは実年齢に近いようなフツーのOLという役で“木更津”の「モー子」みたく背伸びしたキャラじゃありません。でもそういう等身大の役って私の知る限り数えるほどしかないような気がしますね。それがかえって新鮮なんですよね。2話しか放送されてませんが、30日の最終回までどんな展開になるのか楽しみにしています。

きょうの出来事(6/2)

 夕方から映画「僕の彼女はサイボーグ」舞台挨拶を観に行って来ました。
 舞台挨拶に出かける前に「どさんこワイド」を観る時間もありました。出演時間は15分ほどだったかと思います。キーワードから映画の見所を綾瀬さん&小出くんが紹介するという感じのコーナー。

 どさんこワイドを見た直後に自宅を出て会場の「札幌シネマフロンティア」へ。地下鉄駅に「僕の彼女はサイボーグ」の大きなポスターが貼ってあって午前中に通ったときはあったのに、このときには外されてました。でも改札の中には今週公開の「ザ・マジックアワー」のポスターが貼ってありました。

 早めに会場へ着いたんですが会場前には既に長蛇の列が。全席指定なんで座れないことはないんですけどね。10分ちょっと待ってスクリーンへ入場。並んでるときは気づかなかったんですが、高校生がやたらと多かったです。どうやって入場券買ったんだろう?まぁ、昨年に某ジャズコンサートで騒いでたガキと比べれば上映中うるさくなるようなことは無いんでいいですが。

 18:00に舞台挨拶がスタート。「ユメイロ。シネマ倶楽部」でおなじみのHBC北海道放送・佐々木アナ(司会)の紹介のあとに綾瀬さんと小出くんが登場。二人は長距離移動の疲れを感じさせないどころか北海道に居ることをむしろ楽しんでいるかのように元気そうな様子でした。舞台挨拶はいくつか質問が出されてそれに二人が答える形でした。質問を振られてから答えるまでの綾瀬さんの微妙な間の長さやチラっと小出くんのほうに顔を向ける様子が面白くもあって可愛かったですね。出た質問全ては憶えきれないんでそのなかからこの質問だけ取り上げます。

 「北海道ってどんなイメージですか?」という質問に綾瀬さんは「空気がきれいで、空が広いところ」。小出くんは「食べ物がおいしいんで、また食べたいですね」というような感じで答えてました。小出くんは昨年放送のドラマ「牛に願いを」でも旭川周辺でロケしてますよね。また3月のゆうばり国際ファンタスティック映画祭のときの話もチラっと出てました。

 10分ほどで舞台挨拶が終わり映画の上映が始まりました。私は一度観てるんで新たな感想というのも特にないんですが、最後のシーンはちょっとホロっとさせられましたね。たぶんドライアイじゃなければまぶたに涙を溜めてたことでしょう。周りでもあちらこちらですすり泣くような声が聞こえてました。

 これから観にいく人も居ると思うんでネタバレにならん程度に書こうと思います。舞台挨拶のときに見どころについて二人も話していたんですが、物語のなかには後半の伏線になるところがたくさんあって、初めはよくわからなくても最後まで見ればつながるようになってます。それでも話がつながらなかった人は「何度でも見ていただきたい」(by小出くん)そうです。

 見終わったあとは何となく切ない気分になりました。曲のまんまですね。
 

舞台挨拶行ってきます

 これから札幌・舞台挨拶を観にいってきます。3ヶ月ぶりに舞台挨拶も作品も観れるなんて思っても見ませんでしたからね。「昨夜は眠れなかった...」ということはないですが、わくわくが止まりませんね。
 レポも書く予定ですが前に一度観てる作品なんであんまり期待しないでくださいね(笑)。

 

きょうの出来事(6/1)

 6月になっちゃいましたね。今日の札幌は「初夏」とは言い難いような寒さ、日中も10℃ちょっとまでしか上がりませんでした。

 午前中は本屋で「文春」と「ウィークリーぴあ」を購入。文春は父さんのおつかいなんで新しい号が入ったときにそのまま貰っちゃおうと思います。「ぴあ」は表紙の絵が個人的にあんまり好きっくないけど(※今回の号に限らず)、「綾瀬はるか論」というのが載ってたんで思わず買っちゃいました。好きなタレントさんの“論”とか“研究”って書かれた特集は本人のインタビューのほかにもその人がそれまで歩んできた足跡のようなものが第三者的に詳しく書いてあったりするんでファンとしては一冊持っておきたいんですよね。さっき「表紙の絵が個人的にあんまり好きっくない」とか書きましたが、書いてる画家さん(及川正通さん)はあの表紙を休むことなく書き続けて実に30年超。昨年ギネス世界記録に認定された偉大な方でもあるんです。

 午後は父さんに当別町と石狩市の厚田まで連れてかれました。ぴあの占いに「今週はスポーツ・遠出は控えよう」って書いてあったんで、どっかで事故るんじゃないかと恐る恐る乗ってましたが、無事に札幌に帰ってきました。何しに行ったかというと、父さんは当別で昼食を食べた後に厚田の朝市で「シャコ」を買って帰りたかったようです。シャコってどんなのか判りますかね?えびを扁平にしたような魚介の一種です。(コチラ)11時くらいに出かけたんですが、先に厚田でシャコを買ってからお昼を食べに行けばいいのにとか思ってたら案の定、厚田についたとき(13時過ぎ)には数軒しか営業してませんでした。シャコはなんとか買えたんですが、メスばかり(オスのほうがウマいらしい)だったようで父さんもやや不満そうでした。



綾瀬はるか情報 
 北海道地区のみですが今日の深夜に「ザ・マジックアワー」の特番があります。ラジオ局では三谷監督が自らPRするCMも始まってます。

放送日時:UHB北海道文化放送・6月1日(日)25:05~

追記!
 2日(月)15:48からのSTV札幌テレビ「どさんこワイド180」に綾瀬さんと小出くんが生出演します。私は録画してから出かけようと思います。 

今月の推薦曲

6月になりました。今月の推薦曲はこの曲です。

MISIA「約束の翼」

 今年でデビュー10周年を迎えるMISIAさんが3ヶ月連続リリースするシングルの2枚目。胸に響くバラードナンバー。昨日から公開中の映画「僕の彼女はサイボーグ」の主題歌です。3月に夕張に行ったときに初めて聴いたんですが切なくなってくるんですよね。特に映画を見た後だとストーリーとシンクロしてより切ない気分になって帰りの車中でずっとリフレインしてました。特に2番のサビ後のCメロのところが好きです。



プロフィール

Tsan

Author:Tsan
札幌生まれの札幌育ち。芸能界とタレント・アイドルをこよなく愛する20代の大学生。
好きな芸能人は酒井若菜・綾瀬はるか・中居正広・草野仁etc.詳しくは「プロフィール」で!

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
※お知らせ※

当ブログは著作権、肖像権侵害の目的は一切ございません。ブログという趣味の範囲内で運営をしているつもりです。万一不都合な点や御迷惑をおかけしている点などがありましたら、法的手段等をとられる前にメールフォームにてご連絡願います。速やかに削除等の処置をとらせて頂きます。関係者様には寛大な心で、ご理解を頂ければと願う次第です。

キリ番に当たった方は、掲示板・メールフォームで教えてください。
《主なキリ番》
「8888」などのゾロ目や「10000」などキリの良い数字



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
酒井若菜info
管理人の見たまま情報。

※情報が入り次第、更新します。

今月の推薦曲

氣志團「Baby Baby Baby」
(TBSテレビ系列プロ野球中継テーマソング、HBC Bravo!ファイターズテーマソング )


推薦曲バックナンバーはこちら

《東北・関東大震災復興支援パワープレイ》
関ジャニ∞
「Life~目の前の向こうへ~」

明日のために、いま知っとこ
 このコーナーについてはこちら

キャップ回収で世界の子供に
ワクチンを
エコキャップ推進協会

親を亡くした子供たちに、進学という夢を。
「あしなが育英会」

ドナー登録は18歳から
(JMDP骨髄移植推進財団)
ドナーズネット

難民のための、希望の5文字
国連UNHCR協会

美しい自然を、残そう
「ナショナル・トラスト」
日本ナショナル・トラスト協会

綾瀬はるかinfo
管理人の見たまま情報。

《現在》
◇CM「Newパンテーン」(P&G)


◇CM「ジャイアントコーン」(江崎グリコ)


◇CM「ビエラワンセグ」
(Panasonic)


◇CM「みらいサポート」(日本生命)

《今後》
※この欄のスケジュール更新が追いつかない場合があります。最新の情報は羊さんのブログでも併せてご確認ください。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
相互リンク随時募集中!!(※審査承認制)お気軽に管理人までお問合せください
※リンク先の紹介文は「おしらせ」カテゴリにございます。
ブログ内検索
オススメ!

HBCショッピング

ほっかいどうミルクネット
みんなで北海道の牛乳を飲みましょう。

ワィド・スポットライトは
もんすけ1BAN計画
を応援しています!!

QRコード
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。