スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪大杉

 さりげなく2ちゃん用語を使ってみたりする。

 先週末に排雪が来たウチの地区なんですが、それから一週間で排雪前と同じ状態に逆戻りです。いつも家を8時に出て20時前に帰宅することが多いんですが、両方とも通勤ラッシュの時間帯でバスの時刻もあってないようなもんです。朝だと日中で15分かかるのが30分はザラ。帰りは到着時間を気にしてないんですが、始発からで道路も空いてる割に遅れます。なぜか?こういうことです。

 団地→駅前にやってきたバスが折り返し、駅前→団地になるからです。これは札幌に限ったことでなく全国どこでもやってることだと思いますが、駅にやってくるのが遅くなると当然折り返し便も遅くなります。酷いときは同じ行先のバスが2台続くこともあります。これを俗に「ダンゴ運転」と言ったりしますが...。ここまで酷いと、もはやバス会社の問題を通り越して除雪体制の問題だと思うんですよね。




あすから3月
 明日から3月ですね。ここからが私の就活の正念場です。それに伴ってというわけじゃないですが、“道外進出”の構えもアリ。単に企業の話を聞くのもいいんですが、今月頭の記事に書いたようにせっかくの機会だから半分楽しんでみたいなと思います。そういうわけで更新ペースは落ちるかもしれませんが、遠出するときは携帯からちょっとしたレポートを書いたり、デジカメ片手に街を散策したり(ロケ地めぐりは難しいと思いますが...)したいと思います。
 来月と言えば冬ドラがクライマックスに入りますが、恒例の「ひとこと講評」は予定通りやる予定です。きのう「鹿男~」観ました。そろそろ佳境ですよね。まだ昨日のを観てない人も居ると思うんで多くは書きませんが、最後がなんだかものスゴイことになってましたね。

3月1日(金)?
D1000037.jpg
私の腕時計はうるう日対応してないんで今日から3月突入。
スポンサーサイト

履歴書地獄

 春休みなのにそんな実感のないほど多忙な日々を過ごす今日この頃です。連ドラを観なかったら何曜日なのかわからなくなりそうなくらいです。

 2月26日(火) 
 学内の合同説明会に参加するために学校へ。特にめぼしいところは無いんですが、札幌ドームで開かれたときに大混雑してた某大企業があったんでそのブースの話だけ聴いてきました。

 2月27日(水)
 ゼミの手伝いをするために学校へ。パソコンのセットアップなんですが私では手に負えないんで業者さんに来てもらいました。でも業者さんも学内設定とかわからない部分があるので、そういうところは私がフォローする役回り。常にパソコンに付きっ切りというわけでも無いんで、翌日の会社説明会に持参する履歴書を書いてました。これが苦悶の連続でした。




 まず、先週末から25日(月)にかけて下書きの作成。これは就職課で借りた対策本をフル稼働しました。ネタ不足というよりは多くあるPRネタのなかからどれを使うかという、ある意味ぜいたくな悩みです。

 26日(火)の学内説明会の帰り、「その道のプロ」のところへわざわざアポをとって添削をお願いしました。マンツーマンでだいたい2時間ほどかかったでしょうか。これで下書きの原版が完成。あとは清書のみです。この日の深夜に右半分(自己紹介書)だけ清書。

 27日(水)。残る清書は左半分のみ(氏名・学歴など)。出発30分前に起床という「超過密スケジュール」だったため、学校に履歴書を持ってって作業することに。これが悲劇の始まりでした。
 午前中に左半分を書いてたところ最初のエラー発覚。学歴・職歴欄の「学 歴」というのを書かないでそのまま「●●中学校卒業」と書き始めたためにTHE END。

 2枚目突入。買ったときは5枚組だったんで残るは4枚。落ち着いて書こうとしたらエラー発生。またもや学歴・職歴欄。学歴と職歴欄の間の1行空けを忘れて記入してしまいボツ。ここまでは自己紹介書→氏名・学歴の順で書いてました。ちょうどこのあたりでお昼過ぎ。

 泣きの3枚目突入。ここからは書く順を逆にしてみました。これを失敗すると夜までかかりかねないんで気が抜けない。しかも午後からパソコンセットアップが入ったため度々作業が中断。ボツの2枚目は改行を間違ってても右半分の内容は同じなんで、就職課の人へ添削に出しました。
 3枚目の左半分を書き終えたあたりに、就職課へ添削したものを取りに行きました。したら案の定これから書こうとしている右半分に訂正の朱書きが入ってました。もちろん3枚目に即反映。
 結局、清書が終わったのは夕方6時でした。もともと6時に帰ろうと思ってたんで最悪の事態はひとまず回避。まさか履歴書1枚清書するために丸1日使うことになるとは...。 

しょこたん、テレビ番組で不適切発言・・・ブログなどで謝罪

 「しょこたん」の愛称で知られる人気タレント、中川翔子(22)が24日、TBS系「サンデー・ジャポン」に出演し、海上自衛隊のイージス艦「あたご」の衝突事故に対するコメントで、行方不明の吉清(きちせい)治夫さん親子の安否がいまだ不明にもかかわらず、「絶対に避けられるべきだった事故ですよね。本当に、二人とも絶対に避けられた…死ななくてすんだはずなの…」と発言。番組のエンディングと、自身のブログを通じて謝罪した。

 「感情が高ぶり行方不明の方に対して失礼な発言をしてしまいました。本当に申し訳ありませんでした…。生存して無事に戻ってくることを願いたいです。申し訳ありませんでした」とブログに掲載。「私は言葉に対しての認識を考えなおさなければならないですね本当に…」と深く反省している様子をつづった。

http://www.sanspo.com/sokuho/080224/sokuho049.html


Tsanのコメント
 軽率ですよね。みのさんのときにも書いたんですが、テレビというのは年代問わず多くの人が見るメディアなんで発言には大きな影響力が伴います。テレビとインターネットの視聴人口を一概には比べにくいですが、ブログのような感覚で発言しちゃうとこういうことになろうかと思うんですよ。テレビではネット上よりもさらに表現を選んでコメントすべきじゃないでしょうかね。
 それとこうした安否がわからない事件・事故が起こり、問題が長期化するに連れて「もう死んでるよ」とか諦める人がいますが、私はそうは思わないんです。まだどうなるか判らないんだから無事に発見されたり、もしくは残念ながら遺体で発見されたりとか何らかの結果が出ないうちに結論を出すのは早計かなと思うんですよね。でも実際に救われた例というのはごく僅かなのもまた事実ですが...。
 諦めるか・信じるか。それは各人の自由ですが、メディアで発言する人には例え「もう死んでるよ」と思っていたとしても結果が出るまでは言わないで欲しいですね。

吹雪

 今日の北海道は大荒れの一日。札幌も例外になく荒れました。
 DSCF8004.jpg


 しかもバツが悪いのが今日はウチの町内会の「排雪日」と重なったこと。ここがいつもの吹雪とは訳が違います。雪のない地方の人からすれば「排雪ってナニ?」と思うでしょうが、

路肩に固めてある(避けてある)雪を崩してダンプに積んで雪捨場に持ってくことです。

 普段の除雪のとき(主に深夜)はいちいち雪捨場に運んでると明け方までに作業が終わらなくなるんで、応急処置的に雪を路肩に固めておくんです。路肩に固めた雪は山のように堆く積もるんで「雪山」と呼ばれています。

 排雪について説明したところであることに気づくと思います。
 雪を外へ運んだとしても、吹雪で強い雪が降るとまたドッサリ積もるということは想像に難くないと思います。また排雪が来ることを期待したいですが、年一回と決まってるんで地元に権力のある政治家とか居ない限りたぶんないでしょうな。こんなところにも政治の影が...。



○酒井若菜情報 
明日のTBS系「がっちりマンデー」に出演されます。

MSNの「TVスタークローズアップ」で紹介されています。

 サイドバーで紹介した3/1放送のスペシャルドラマですが、一部放送されない地域がありますのでご注意ください。何を隠そう北海道もその一つ。HTBだけじゃないですが道内民放局ってヤングシナリオ系の作品(※)を同時ネットどころか後日放送もやらないのが慣例になっています。理由はわかりませんが...。

ヤングシナリオ系のドラマ
・シナリオ登竜門(日本テレビ)
・パンテーンドラマスペシャル(フジテレビ※「ヤングシナリオ大賞」の受賞作から放送)
・新人シナリオ大賞(テレビ朝日)
・TBS連ドラシナリオ大賞(TBS※今年から開催。受賞作は単発ではなく連続ドラマとして放送される)




このバイプレーヤーがすごい!大賞・08冬

大変お待たせしました。冬ドラもいよいよ後半戦に差し掛かってきましたね。
この冬のドラマで2本以上の作品に出演されている方をご紹介します。私が調べた限りなんでもしかしたら漏れてるものがあるかもしれません。

※注意事項
 1月クールの連続ドラマで、再放送、NHKの朝ドラ・大河ドラマ、時代劇を除く2本以上の作品に出演されている俳優さんから紹介します。

高橋 克実
 NHKの土曜ドラマ「フルスイング」とテレビ朝日系「交渉人」に出演。フルスイングでは主演の高校教師への転身を目指す元プロ野球コーチ。交渉人では現場主義のエリート管理官役を務められています。

古田 新太
 TBS系「佐々木夫妻の仁義なき戦い」、日本テレビ系「斉藤さん」に出演。「佐々木夫妻」では、律子(小雪)の親友でマッサージ師のゲイ。一方、斉藤さんでは気が弱く事なかれ主義の幼稚園園長役という濃くて相反するキャラクターを好演されています。さらに2月20日放送の「斉藤さん」では園長の双子の兄で骨折した斉藤さん(観月ありさ)が入院した病院の院長役も務めました。これを含むと1人3役。いやはやなんとも...。

佐々木 蔵之介
 先ほど紹介した「斉藤さん」と、フジテレビ系木曜劇場「鹿男あをによし」に出演。「斉藤さん」では斉藤さんの仲間(?)の真野若葉(ミムラ)の夫役。「鹿男」では学校の内外の事情通でゴシップ好きな高校の美術教師役を演じています。さっきの古田さんの場合とは違い、どちらのキャラクターも個人的には比較的似通ったものを感じています。

 この中から最優秀賞を決めるわけではありません。「そう言われると...」と気づいていただけるだけでありがたいです。初めてやってみたんですが、だんだん下に行くにつれて説明が長くなってますね(笑)。

以上、このバイプレーヤーがすごい!大賞でした。



今月の推薦曲(2/15~2/29)

RSP「感謝。」
 「Lifetime Respect -女編-」(07年8月パワープレイ)で昨年の日本有線大賞で最優秀新人賞を受賞したRSPが満を持して贈る最新シングル。今回は『「当たり前」と思って忘れがちな、半径5m(友達・家族・恋人)にある日常への感謝』がテーマ。

きのうの出来事(2/18・19)

 最近、「出来事」シリーズばかりですみません。タイトルが一本に絞れないもので...。
 
 2月18日(月) 
 卒論発表会がありました。といっても質問権は先生方にしか無いんで、私たち学生はただ見てるだけだったんですけどね。これが朝から夕方まで続きました。発表会のあとに先生のところで春休みの打ち合わせ。もう春休みには入ってるんですが、先生が春休み中も手伝いで来て欲しいとのことで。打ち合わせが夕方6時まで続きそれから家路に就きました。

2月19日(火)
 昨日は忙しかったですね。午前中は某企業の単独説明会に参加。最初はネームバリューだけで申し込んであまり行く気が無くキャンセルしようかなとも思ったんですけどね。でも話を聞いてみると結構納得する部分も多くて、帰る頃には行かなきゃ良かったとは思いませんでした。
 説明会の後に昼食を食べて家路に。以前は駅前周辺で安く食べれるところといったら、地下街「アピア」の「なか卯」くらいしか知らなかったですが、こないだ読んだ某タウン雑誌の「定食特集」をみてからというものの、道庁地下の食堂で食べるのがマイブームになってます。食事を済まして外へ出ると、さっき説明会で伺った企業の方に会いました。どうやらこれから食事だったようで...。
 家に帰る前に、履歴書用の証明写真を撮りに行きました。ところで履歴書(※アルバイトは除く)に貼る写真ってスピード写真でしたか?それとも写真屋さんに撮ってもらいましたか?ちょっと皆さんの意見やなぜそうしたのかという理由もあれば聞いてみたいですね。よろしくお願いします。
 
 話を進めますが、単に写真屋さんへ撮りに行くと1200~1500円かかるんでバイト雑誌の巻末に付いているクーポン券狙いでコンビニ&書店を周りました。まず1軒目のコンビニ。在庫なし。次にそのコンビニとは反対側の大型書店へ。店がだだっ広い割にバイト雑誌が見つからない。レジで聞いてみると「そういう雑誌は扱ってないんですよ」との答え。「なぬっ!」。3軒目の別のコンビニにいったらやっとありました。これだけで20分ロス。
 やっと写真屋に行って撮ってもらいました。私のように証明写真を撮る人が居て30分ほど待ちましたが...。

 その後ダッシュで家に戻り着替え。20分後にはまた出発です。昨日は20分あったからまだいいんですが、先週金曜日はこの時間がもっと短くて3分ほどしかありませんでした。
 次にゼミ先輩の送別コンパで学校へ。学校には先生が持ってきた日本酒を取りに行きました。会場の焼き鳥店に行きコンパスタート。最後ということで結構ドンチャン騒ぎしましたね。8時過ぎに先生と一足早く“退散”。初めは一足早く自分だけタクシー呼んで帰ろうと思ったんですが、先生も同じ時間に帰るということで駅まで相乗りさせてもらいました。タクシー代も浮いたし。
 家路に就いたらうたたねしてました。テレビで「喜多善男」点けてたんですが、どんな内容だったか覚えてません。

 ということで、卒論発表・説明会・飲み会と慌しい2日間でした。  

吹雪の中のスキー

 今日は大学の仲間とスキーに行ってきました。場所は去年と同じく「サッポロテイネ」。山頂側の「ハイランド」とふもと側の「オリンピア」の2ゾーンある所です。去年「オリンピア」側か乗ろうとしたら帰りのバスが超混んで、乗れなくなるところだったんで今回は山頂側の「ハイランド」(バスの終点)まで行きました。
 んでハイランドまで乗ったはいいんですが、到着して稼動してたのはリフトとロープウェイ各1本のみ。仕方ないんで、滑走できるところが多いオリンピアまで下りて天候の回復を待つことにしました。オリンピアも吹雪いてるもののハイランドよりはまだ滑れるような感じでした。

 お昼はハイランドに戻って食べたんですが、面白いのが滑ってる間は吹雪いてるのに、昼食食べてる間だけは雪が止んでたことですね。どうやら私たちの中に雨男ならぬ“雪男”のような人間がいるみたいです。こないだ一人で予行演習行ったときは天気良かったんで、それが私じゃないことを祈りたいですが...。

 午後もオリンピアに下りて、去年紹介した札幌五輪の聖火台のあるほうへ行ってみました。眼下に手稲~石狩を見下ろすことのできる絶景です。ただ、雪は無かったもののかなり風が強かったです。

D1000172.jpg
天気が良ければこんな景色が。(※去年の画像を転用してます)

 夕方にハイランドに戻って荷物をまとめて下山しました。ほかの人はナイターまで頑張ったみたいです。私も近場ならナイターしてもいいんですけどね。
 

最新芸能ピックアップ(2/14)

アニソン影山ヒロノブ謝罪 酔っぱらって新幹線車内を走り回る
  アニメソングの歌手グループである「JAM Project」の影山ヒロノブさんがホームページ上で謝罪していたことが明らかとなった。
 2月11日、名古屋でライブを行った帰りの新幹線に乗り込んだ影山さんらは10数名で車内中央の座席を占領し、持ち込んだビールで乾杯し、酔っぱらって車内を走り回る、車内に聞こえ渡る大声で騒ぐなどしていたという。たまたま乗り合わせていた乗客の一人が自分のブログ(2/11付け)でそのときの様子を掲載。それを受けて影山サイドがホームページ上でコメントを発表した。それによると

 「名古屋の帰りの新幹線で同じ車両に乗り合わせた一般の方がブログで俺達がめちゃめちゃ騒がしくて大迷惑だったと超怒りのコメントを載せられたらしい。恥ずかしながら、これはほんまに全部事実」

「あの日、同じ車両に乗り合わせてしまった方々貴重な休息時間を妨害してしまい、すみませんでした。反省しています。ほんと、ごめんなさい」


 と騒いでいたことを認め、自らの行動について「軽率」、「人として未熟」と謝罪した。

 影山さんの所属事務所も
 「話し声が大きかったということで、ご迷惑をおかけしました。席の移動などもございました。そのようなご指摘を後日受けまして、少しでも早く謝罪したいという思いで、このような文章を掲載しました。不快な思いをしてしまった皆様に、大変申し訳ないです」
とのコメントを出している。 
(J-CASTニュースより一部抜粋)


Tsanのコメント
 新幹線だろうが、どっかの会館(ライブとかではなく)であろうが騒いじゃいけないですよね。私も昨年の秋にうるさいガキのせいで演奏会を台無しにされたということがありましたからね。今年は私の知人が部長になったんで近くなったらまた助言しようと思ってますが...。
 さて本題に戻りますが東京まで騒いでたということで、車掌さんとか車販の方は一切気づかなかったんでしょうかね。東京~名古屋間で一度は車内を巡回してそうな気もするんですが。こういう迷惑な人間には近くの乗客が注意してやるのが手っ取り早いんですが、相手が酔ってると何されるかわからないんで手を出せなかったんでしょうかね。


研ナオコが伊豆ファンクラブの特別会員
 タレント研ナオコ(54)が14日、伊豆ファンクラブの特別会員に選ばれた。静岡県が都内で開催した「伊豆ブランド成果発表会・交流会」で会員証が贈呈された。このクラブは3月1日発足する。伊豆市出身の研はPR役となる。「お茶やワサビ、自然と海がいっぱいの伊豆の魅力を伝えていきたい。責任重大」と話した。
 ほかフリーアナウンサーの千野志麻(30)プロゴルファー宮本勝昌(35)が特別会員に。
(日刊スポーツ)

Tsanのコメント
 伊豆ファンクラブ。前忠じゃないですがそういう組織が立ち上がりつつあるというのは知ってました。先ほどアクセスしてみたんですが、既に会員募集してるんですね。ところで研さんが静岡県はもとより伊豆市の出身ってとこまで知っている人は結構居るんですかね?私は去年あたりに初めて知ったんですが...。
 ファンクラブについて簡単に説明すると、伊豆が好きな方なら誰でも入会できてファンクラブ協賛施設で会員証を提示すると会員限定の特典が受けられるそうです。入会費・年会費は無料です。

伊豆ファンクラブ



○お知らせ
 ウチの“超常連”はーちゃんさんが先週の連休を使って、現在「鹿男あをによし」のロケ真っ最中の奈良に行ってこられました。さっそく掲示板に画像を挙げてくださったそうなんでぜひご覧ください。

続・いろいろ掲示板


きのうの出来事(2/13)

 昨日はドームの合同企業説明会(合説)に行ってました。ドームのはこれで3度目です。3回も出てるといつの間にか“合説の目利き”みたいになることがあります。
 今回はリクナビ主催。行く前からこれを本丸にしてました。先週のマ●ナビの行ったんですが、例えるならマ●ナビをマニュアル順守のバイトが多い店とするなら、リクナビはサービス教育を徹底した百貨店みたいな感じ。それくらい質が違うんですよ。運営スタッフの言葉遣いもバイトであっても丁寧。入口で受付票持ちの行列もないし、いろいろなノベルティも付いてきたし。それとクーポン券引換でおにぎりくれたのが良かった。合説ではなかなか昼食取れないっすからね。
 一言言うなら1日だと周れなかったとこがあったんで、2日間開催にしてくれたほうがいいかな。

きょうの出来事(2/12)

 今日の動きを簡単に書くと
 学校→スキーでした。

 結構いろんなところ行ってます。まず朝イチで学校へ。どーしても借りたい本があったんで就職課へ。普通、図書館が出てきそうですが就職関連の本は就職課にあるんですね(どこの大学もそうだと思うけど)。わざわざそのために学校へ行けるのも定期券のおかげだったりする。

 自宅に戻り昼食喰って、また出発。今度は...

D1000026.jpg
セントレジャー北広島スキー場(北広島市)

 スキー場へ。

 ゼミの先生から「12日どーしても出れないか?」と口すっぱく言われたんですが、断ってきた理由がこれです。何で断ったか、単に休みたいからではなく今週末に仲間内でスキー行くんですよ。その予行演習がやりたかったわけ。でも今週のほかの日は予定がびっしりで今日くらいしか時間が取れなかったんです。もちろん先生にスキー行ったというのは内緒。

 向かったのは「セントレジャー北広島スキー場」(北広島市)。去年までは「後ろ楽しいガーデン」のスキー場だった。やっぱりスキーは平日に限るね。休日は人が多くて多くて...。スキー学習の小中学生たちはいるけど、それでも休日よりはまだマシ。

 ここのコースは傾斜が緩やかな初中級者向けで、私からすれば“滑る愉しみ”みたいなのはあまり感じないんですが、今シーズンの小手調べにはもってこいだと思います。「滑れりゃいい」みたいなところです。かつては同じ町内にここよりさらに傾斜が緩い“超C級コース”もありましたけどね(※札幌北広島プリンススキー場・廃業)。

D1000025.jpg


 フリコ沢コースの途中にある原則を促す看板。「注意してコックリ行け」に見えました。正しくは「注意してユックリ行け」です。「こっくりさん」があるせいかこっくりというフレーズには恐怖を感じます。

 スキー学習の一行が帰ると、人がほとんど居なくなるんでリフトも同じような人しか乗らなくなるんです。私の前のリフトに乗ってたボードの若いカップルが居たんですが、彼女のほうが慣れてないらしくリフトを降りると必ずコケてました。「すいません!」って謝ってたんですけど、2回目に遭ったときはさすがに言葉が出てこなかったんでそのままスルーしちゃいました。

 まぁ初すべりにしてはこんなところです。
  

きょうの出来事(2/10)

 昨日まで就活イベント目白押しの影響で体が疲弊してきたんで、買い物と床屋に行った以外は家に居ました。

 本当は企業探しと適性検査(SPI)対策はセットで行うのが理想なんですが、イベントに行った日は“周り疲れ”から放置してきたんで、それをちょっと解いてと...。

 ダメだ。まるで持って解けない。やっぱり定期的な「サビ落し」は必要みたいです。
 適性検査対策と共にやろうと思ってるのが、四則演算の高速化。なんかPCのカスタマイズみたいですが...。四則演算(=足し・引き・かけ・割り算)ですが、割合にしろ、確立にしろ、濃度にしろどんな数理問題にも共通することじゃないですか。これが少しでも早く解ければ一問でも多く解けるんじゃないかと。そこで考えたのが・・・

 インド式計算術。

インド式かんたん計算法―1冊で頭がよくなる 大人も子どもも、楽しみながら「算数脳」になる! (知的生きかた文庫 に 18-1)
 インドはカレーだけじゃありません。国民の数学力がスゴイんですわ。その数学力の高さは世界のIT企業が注目するほど。なぜ数学力が高いのかというともちろん生まれながらにしてというわけではなく子供の頃から独特の計算術を体得してるからなんですねぇ。その独特な計算術をわかりやすく(?)まとめてあるのがコレです。新書の一冊ですがドリル形式になってます。まずは足し算からスタート。インド式計算にもコツというものがあってややとっつきにくいところもありますが、30分で

 78253+46328+50964+78195 みたいな計算が10~20秒くらいで解けるようになりました。スラスラ解けなくても普通に計算するよりは早いと思ってます。

一色紗英、運転中に携帯電話…3年間で免停2度の“常習”

 女優の一色紗英(30)が今月5日、東京都渋谷区の路上で携帯電話をかけながら乗用車を運転、交通違反の取り締まりを受けていたことが8日、分かった。

 所属事務所や警視庁交通機動隊によると、一色は当初「かかってきた電話を(同乗の)子供が取ってしまい、それを受け取っただけ」と反則切符への署名を拒否。だが現在は「申し訳なかった。今後はこのようなことがないよう気をつけます」と反省しているという。

 一色はここ3年間で、駐車違反、シートベルト不着用、スピード違反などで10件あまりの交通違反を繰り返し、2度の免許停止処分を受けている。同事務所では「子供の送り迎えなどで時間に追われていた」と説明している。ちなみに一色は長女(5)、二女(3)、長男(1)の3児の母。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200802/gt2008020911.html


Tsanのコメント
 酷い話ですよねぇ。初めにこの話を聞いたときに芸能人がたまにやらかす接触事故とかの類と思ってたんですよ。んで後で聞いたら駐車違反、スピード違反、シートベルト不着用、さらに免停2回など交通違反の常習犯だったというじゃないすか。これは芸能人とかいう前に人として問題ですよね。この記事を見ると、交通事故に決して「良い」「悪い」っていうのはありませんが、昨年末の沢尻エリカ・人身事故のほうがまだマシに見えてきます。



○お知らせ
 北海道・神奈川県・福岡県の皆さん。次回の「おとぼけツアーズ奮戦記・静岡へようこそ」(ラジオ番組)に松崎町が登場します。放送エリア外でも終了後にWeb上で聴くことが出来ます。

【各地の放送予定】
 HBC北海道放送・・・・・・・・・・・・・・15日(金)17:00~17:10
 RFラジオ日本(神奈川県)・・・・・・・15日(金)11:05~11:15
 KBC九州朝日放送・・・・・・・・・・・・16日(土)11:30~11:40 

 おとぼけツアーズ奮戦記・静岡へようこそ

小島よしお本人?がQ&Aサイトに質問

 ここんところ就活ネタばかりが続いてるんで、今日は就活ネタを縮小していささか古い記事なんですが、この話題を紹介したいと思います。

 概要を書くとこないだの「仲村みう問題」のときより長くなってしまうんでこちらで概要をチェックしてください。

 芸人の小島よしおさんを名乗る人物が、「Yahoo!知恵袋」(Q&Aサイト)に質問を書いたという記事です。実際のモノを検索から探そうとしたんですが見つかりませんでした。普通、こういう有名人を名乗ったものって偽者だと思われてスルーされるみたいなんですが、これだけ答えが書かれてるということはある程度のリアリティがあるからなんでしょうね。
 回答の内容は小島さんの存在に対する賛否から今後の方向性に至るまで実に様々だそうで、面倒見がいいのか単なるうっぷん晴らしなのかわかりませんけどね。
 
 ここのところ夏辺りから年末にかけて一気にブレイクして年が明けると共に画面からフェードアウトするいわゆる“一発屋”芸人が最低一人はいますよね。ダンディ坂野、レイザーラモンHG、波田陽区etc...。HGはブレイクした年の年末辺りから、この先売れなくなることを見越して売れてる間に“荒稼ぎ”していたなんてこともありました。その“過去帳”のなかに小島よしおが入りそうな勢いなんですが、果たしてこのフェードアウトする勢いを止めることができるのか。それともHGみたいに潔く引き際を決めて今のうち荒稼ぎに走るか。今がその岐路であることは間違いないでしょう。

 個人的に一度フェードアウトしたんだけどまた流行りだしそうな芸人。一人居ますよ。
 三瓶です。
 最近、藤井隆さんと共演している不動産CMが流れてるんですが、芸風は変わってないはずなのになぜかしっくり来てるんですよ。“第1次”ブームのときに知らなかった人が、「アノ人だれ?」みたいな感じでジワリと再燃しそうな気がします。昨今の一発屋芸人ほどクドくないし...。そろそろこういう「脂っこくない芸人」がもてはやされてもいいんじゃないでしょうかね。がんばれ三瓶!(※別に三瓶は就活してるわけではないんで使わせてもらいます)



《今日の余談》
 昨日に続いてドーム合説です。今日も10社近く周ったと思います。何か仕事内容に手ごたえを感じた企業もあったし。それよりも酷かったのが入場の仕方ですよ。
 10時開場のイベントのときはその15分前くらいに会場に来てるんです。それでまずドームのスタンドに通されて時間になったら係員の指示でアリーナに降りれるんですが、混雑緩和でブロックごとに入れてたんですよね。そこまではわかる。しかし、先に入ってたのより後から来たのを先にアリーナへ通すってどういうことよ!アリーナに近いブロックの人を先に通してから後ろのブロックを通すのが筋でしょうが。私のいたブロックは遅くて入場できたのが会場から10分くらい後でしたよ。知名度のある企業ブースは半分くらい埋まりだしてたし...。ちゃんとせいや!マ●ナビ。
 

きょうの出来事(2/7)

 今日も行ってきました。合同企業説明会(合説)。今日は昨日書いたとおりセミナーメインです。というのも就職のカリスマ講師陣が札幌に来て講演してくれるというわけで、これは見逃せないだろうと。ちなみに当初行く予定だったほうの合説をパスしました。メモ取ったんですが、速記したんでかなり汚いです。でも収穫はデカかった。これから「清書」しないと...。
 合説には就活をバックアップするような講演やブースがあります。そこでよく「カリスマ」と呼ばれる講師がいるわけですが、面白い共通項があってそういう人ほど胡散臭そうな顔してたりするんですよ。今日の講演の講師の方も就職の先生から紹介された履歴書本の筆者の顔とか...。でも、そういう方に限っていいこと言うし、それ以前に過去に講師がアドバイスしていたことを実践して実際に内定を取ったという人が多く居ると言うことからも、それが胡散臭さではなくきちっと的確なものだったというのを物語ってると思います。
 顔に惑わせれるのではなく、まずはだまされたと思って実践してみるのが得策なのかもしれません。

 明日から2日間、ドームでまた合説が入ります。2日間あるんですが、両日出るところもあれば片方しか出展しないところもあるんで、「片方だけ」のほうから優先的に周れればと思います。


《今日の余談》
 今クールの毎週木曜日は「ドラマ激戦区」になってるという話は前にもしたかと。8時の「新・京都迷宮案内」から始まり、1時間挟んで(※金八先生観てもいいけど)10時になったら今度は奈良が舞台の「鹿男あをによし」が入るじゃないですか。なのでこのゾーンを「関西枠」と言ってます。これに大阪か神戸が一本加われば“三都制覇”できるんですけどね。厳密にいえば鹿男のウラ番である「ダウンダウンDX」は大阪・読売テレビの番組なんでこれを入れると関西にまつわる番組が3つになります。
 いま「新・京都迷宮案内」観てるんですが、先週の「鹿男~」の大阪でトロフィー売ってたオッちゃんが、今週は京都で解体工事の作業員やってました(笑)。どちらも六平直政さんがやってる役です。

きょうの出来事(2/6)

 朝イチで出かけてついさっき帰って来ました。メールなどのROMをいま観たところです。
 そんなに一日いっぱい何やってたかというと、札幌ドームでやってた合同企業説明会(合説)に出てました。事前に話を聞きたいとこだけリストアップしたんですが、企業ブースが昼休だったり、企業の説明の時間が押したりしたんで、実際は10社中
9社。これでタイムアップ。あぁ、もっと時間があれば...。残り1社は他の合説にも来るんでそのときにでも。

 特に今日から1週間は「合説ラッシュ」なんですわ。明日も明後日も明々後日も...。幸いなのが自宅がドームからあまり遠くないことかな。歩きは酷でもバス一本で行けるし。話を聞きたい企業には困らないんですが、逆に時間切れで話を聴けなくなるほうを心配しています。もしかしたらこのブログの更新回数が減るかもしれませんが、休止したりすることは無いんで心配しないでください。

 明日も午前中だけ合説に行ってきますが、そっちは企業の話を聞きに行くのではなく「就活セミナー」目当てです。

 まぁ、このように合説が始まったということで就活もいよいよ本格化するわけですが、就活をやる上で一つだけ決めたことがあります。それは...
何か楽しむ余裕をもつこと
 
 就活をただ単に「がんばる」、「がんばれ」の繰り返しでは、なかなか乗り切れるもんじゃないと思うんですよ。それならこの時期をいっそのこと楽しもうじゃないかと。例えば説明会でも選考会でもなんでもいいですが、東京に出る機会があれば半日観光してから帰ろうとか。さすが伊豆のほうまでは遠くていけないんじゃないかと思いますがね。そうした+αで何かやりたいなと思ってます。

 それと前にも書いた気がするんですが、私と共にこの「就活戦線」を乗り越える仲間に対しては「がんばって」と言うのは極力避けようかなと思ってます。これはいま就活してる人じゃないとなかなか判らないと思いますが、必死に頑張ってる人に対して「頑張って」というのは時としてプレッシャーになることがあるんですよね。特に親からこの言葉を言われたときには「こっちだっていろいろ頑張ってるんだよ!」と反抗を抱きたくなることもあります。なのでせいぜい「健闘を祈ってるよ」程度にしようかなと思います。これももしかしたらプレッシャーになってるかもわかりませんが、「がんばって」よりはまだマシかなと自分で勝手に思ったりします。

三浦綾子記念館(旭川)が展示一新・・・ことしで開館10周年

 小説「氷点」などで知られる作家の故三浦綾子さん(1999年死去)の取材ノートや写真を集めた「三浦綾子記念文学館」(北海道旭川市)が、開館10周年を迎える今年6月、生前の映像や音声を使って展示を一新する。新たな収蔵庫も増築、10周年記念の式典やコンサートも計画。文学館は、取材ノートを中心に約600点を展示してきたが、最近は三浦さん本人を知らない読者も増えたため、映像などを使った展示にする。

(共同通信)


Tsanのコメント
 「三浦綾子記念文学館」。これまでに3度ほど行きましたかね。今年で開館して10周年を迎えるそうなんですよ。現在も映像・音声を使った展示が無いわけではないんですが、それをさらに増やすというのはいいと思いますよ。文字ってのは一度読んでもなかなか記憶に残るものではないんで、ビジュアルや音声から入るというのが“初学者”にとってはとっつきやすいんじゃないかと思います。それで気に入ったら館内に所蔵してある作品を実際に読んでみるのもいいんじゃないでしょうかね。目が疲れたら外の見本林の緑を眺めて「保養」してください。リニューアルしたら一度行ってみたいですね。

仲村みう(16)・無期限活動休止の真相

 昨年11月に持病のぜんそくと風邪を併発したとして所属事務所から無期限活動休止が発表されたグラビアアイドル・仲村みう(16)。12月3日には仲村の所属事務所元社長らが女子高生に全裸に近い姿でグラビア撮影をしていたとして児童福祉法違反の疑いで逮捕されて以降は特に音沙汰の無い状況が続いている。一部では失踪説も囁かれていた。
 そんな仲村が今週発売の週刊誌「FRIDAY」の単独取材に涙ながらに応じた。この中で電撃休業の真相について「親戚Aに一週間連れ去られていたから」と語ったのだ。

 当初は仕事のあるときだけ実家のある岩手県から上京していたものの、11月12日に仲村の遠い親戚の女性Aの関係者が現れ「東京に行っている母親に会いに行くから、用意をして」とそのまま東京へ。東京で待ち受けていた親戚Aは突然「今の事務所は辞めさせて、仕事の面倒は私が見る。学校にも通わせる」と芸能関係の専門学校の入学申込書にサインさせ、複数の芸能関係者にあわせ昼夜問わず連れまわしたという。

 上京した仲村は母親に会うどころか親戚Aの自宅に監禁状態。常に監視役に見張られており、しかも東京の地理に詳しくなかったため抜け出すこともできなかった。
 親戚Aは仲村を一週間連れまわしたのち、なぜか実家に帰るように告げたのだという。再会した仲村の母親はその翌日から再び親戚Aに連れ去られるのではないかと県外の知人宅に一緒に身を寄せ外部との一切の連絡を絶った。仲村と連絡が取れなくなった所属事務所社長は11月20日に「休業宣言」を出した。

 詳しくはFRIDAYを読んでいただきたいが、問題の概略を時系列で示す。
 
▽2007年11月12日
 親戚Aが仲村を実家の岩手から東京に連れ去り1週間芸能関係者に合わせたり、昼夜問わずに連れ回す。

▽11月19日
 親戚Aが仲村に実家へ帰るように告げる。仲村と再会した母親は翌日から県外の知人宅に身を寄せ外部との連絡を絶つ。

▽11月20日
連絡が取れなくなった所属事務所社長が仲村の休業宣言を発表


Tsanのコメント
 ファンではないんですが、「風邪とぜんそくで休養」と聞いてたんでFRIDAYの記事を見たときは「えっ?」と思いましたよ。まさか親族間のトラブルだったとは...。

 仲村さんの母親はFRIDAYの取材に対し
「Aとは親族の葬儀で何度か会ったことがある程度だったが、ある日突然、私は芸能界に顔が利く。私がみうの面倒を見れば、もっといい仕事ができるなどと言い出し、娘を思い通りにしようとし始めた」と語っています。

 一方、連れ回したとされる親戚Aのコメントは載ってませんでしたが、Aとは別の親戚は
「みうが泣きながら過激なグラビアはやめたい。今の事務所を辞めて演劇の勉強をしたいと言うので親族会議でAにみうのことをお願いすることになった。」(中略)「拉致とか監禁とかの話ではない」。
とそもそも拉致・監禁は無かったと語っていて母親のコメントと食い違いを見せています。
 これはあくまで私の推測なんですが、この問題の背景には仲村さんの周囲でこのまま過激なグラビアを続けていくのか。それとも事務所を辞めて役者として新たに修行をしていくのか。など芸能活動に対する方針の対立があったんじゃないかと思いますね。どうも本人が蚊帳の外のように見えるんですよね。

 事務所によると仲村さん本人・保護者・代理人弁護士が話し合い、事件の件は代理人弁護士に一任。今後の芸能活動については「(仲村さん)本人の体調を見て徐々に復帰させる」とのコメントが出されています。

ホームページ完結

 大変お待たせしました!!遂に昨夏旅行のホームページを完結させました。
 今回は最終日の松崎町から始まり札幌に着くまで。「ロケ地巡拝ラリー」と書いておきながら今回更新した部分にあまりロケ地は出てきません。それはご愛嬌ということで...。

 既に旅行から半年近く経ってるんで、一部記憶違いの部分があるかもしれません。もし誤りなどあればコメント・メールで教えてください。
 松崎町の部分については今回の旅行に同行し町内を案内してくださいました囲炉裏端さんにチェックをお願いしました。囲炉裏端さんにはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

 力入れて作ったんで、ぜひじっくりと観ていただいて、感想をコメントなどでお寄せいただけたら幸いです。もしくは補足なども...。

2007夏休み旅行(今回更新分から)
 

今月の推薦曲

 2月になりました。今月前半の推薦曲はこの曲です。

 いきものがかり「花は桜 君は美し」

 いきものがかりの8thシングル。この時期といえば「SAKURA」がCMソングになっているNTT東日本・電報のCMが流れる頃ですが、今年はこの曲が使われるんでしょうかね。果たしていきものがかり第2の「桜ソング」となるか、注目です。

 今月13日には「茜色の約束」、「夏空グラフィティ」など13曲を収録した、2ndアルバム「ライフアルバム」がリリース。さらに4月16日には通算9枚目のシングル「帰りたくなったよ」のリリースが決定。この曲は4月26日公開予定の映画「砂時計」の主題歌となっています。
プロフィール

Tsan

Author:Tsan
札幌生まれの札幌育ち。芸能界とタレント・アイドルをこよなく愛する20代の大学生。
好きな芸能人は酒井若菜・綾瀬はるか・中居正広・草野仁etc.詳しくは「プロフィール」で!

カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
※お知らせ※

当ブログは著作権、肖像権侵害の目的は一切ございません。ブログという趣味の範囲内で運営をしているつもりです。万一不都合な点や御迷惑をおかけしている点などがありましたら、法的手段等をとられる前にメールフォームにてご連絡願います。速やかに削除等の処置をとらせて頂きます。関係者様には寛大な心で、ご理解を頂ければと願う次第です。

キリ番に当たった方は、掲示板・メールフォームで教えてください。
《主なキリ番》
「8888」などのゾロ目や「10000」などキリの良い数字



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
酒井若菜info
管理人の見たまま情報。

※情報が入り次第、更新します。

今月の推薦曲

氣志團「Baby Baby Baby」
(TBSテレビ系列プロ野球中継テーマソング、HBC Bravo!ファイターズテーマソング )


推薦曲バックナンバーはこちら

《東北・関東大震災復興支援パワープレイ》
関ジャニ∞
「Life~目の前の向こうへ~」

明日のために、いま知っとこ
 このコーナーについてはこちら

キャップ回収で世界の子供に
ワクチンを
エコキャップ推進協会

親を亡くした子供たちに、進学という夢を。
「あしなが育英会」

ドナー登録は18歳から
(JMDP骨髄移植推進財団)
ドナーズネット

難民のための、希望の5文字
国連UNHCR協会

美しい自然を、残そう
「ナショナル・トラスト」
日本ナショナル・トラスト協会

綾瀬はるかinfo
管理人の見たまま情報。

《現在》
◇CM「Newパンテーン」(P&G)


◇CM「ジャイアントコーン」(江崎グリコ)


◇CM「ビエラワンセグ」
(Panasonic)


◇CM「みらいサポート」(日本生命)

《今後》
※この欄のスケジュール更新が追いつかない場合があります。最新の情報は羊さんのブログでも併せてご確認ください。

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
相互リンク随時募集中!!(※審査承認制)お気軽に管理人までお問合せください
※リンク先の紹介文は「おしらせ」カテゴリにございます。
ブログ内検索
オススメ!

HBCショッピング

ほっかいどうミルクネット
みんなで北海道の牛乳を飲みましょう。

ワィド・スポットライトは
もんすけ1BAN計画
を応援しています!!

QRコード
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。